おすすめの本

無料ブログはココログ

« ハンドボールと校庭と | トップページ | 産地を確かめて買い物をする人々 »

2008年1月31日 (木)

がんばれ受験生

 明日から2月。受験生にとっては正念場を迎えます。小学校から大学、もしくはそれ以上の学校等の試験がこれから相次いで行われます。朝の通勤電車の中で試験場に向かう受験生らしき姿を見かけました。声には出しませんが、心の中で応援しました。
 少子化の影響でこのところ各学校は定員の確保が難しくなりつつあり、さまざまな形の試験を実施されています。今日の時点で進学先がすでに決まっているという人もかなりいるのが実情でしょう。ただ、報道によると人気のある学校の志願者は増えているといいます。あえて狭き門を選んでまで、希望の学校を目指す人が多いのでしょう。
 受験にはさまざまな弊害もあります。それでも、人生を自らの努力で決める節目の働きをしているのは確かです。その意味でどんな形であれ、各人の努力の結果が認められて次のステップに進むという形式は大切にしたほうがいいと思います。なにもしなくても入学できてしまうという状況は、その意味で不安が残ります。
 もちろん私たちが学生であったころと違って、有名大学に入学すればその後の人生がある程度保障されるという迷信は今はほとんど消えかけています。入学後にどれだけ勉強するか、経験を積むかが大切になっていると思います。でもやはり学ぶ仲間、向上心が強い仲間が多い学校に入った方が、自分のためになるということは変わりありません。受験生たちが希望の学校に入れることを願わずにおれません。

« ハンドボールと校庭と | トップページ | 産地を確かめて買い物をする人々 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/17908251

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ受験生:

« ハンドボールと校庭と | トップページ | 産地を確かめて買い物をする人々 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック