おすすめの本

無料ブログはココログ

« ガソリンが先か道路が先か | トップページ | 技術の過信は危険 »

2008年2月20日 (水)

40センチのカエル

 読売新聞のニュースによると、体長が40センチを超える史上最大のカエルの化石が、マダガスカルの6500万~7000万年前の地層から見つかったそうです。恐竜の幼生を食べていたかもしれないということです。
 東京に来てからカエルを見る機会はほとんどありません。かつて富山県に住んでいた頃、田植えが終わる頃から始まるカエルの声はすさまじいものがありました。昼にその姿を見ると小さなアマガエルであったりしてびっくりしたものです。
 もし古代のカエルも鳴いていたとするならば、この巨大なカエルはどのような声だったのでしょうか。化石の骨格から想像することもできるのではないでしょうか。聞いてみたいとおもいます。

« ガソリンが先か道路が先か | トップページ | 技術の過信は危険 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/40196227

この記事へのトラックバック一覧です: 40センチのカエル:

« ガソリンが先か道路が先か | トップページ | 技術の過信は危険 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック