おすすめの本

無料ブログはココログ

« auも無料通話に | トップページ | 殺人罪に時効は必要か »

2008年2月23日 (土)

陵墓調査に期待

 読売新聞のニュースによると、奈良市の神功皇后陵に考古学者の調査が入ったといいます。これまで天皇陵など皇族の祖先の陵墓は発掘ができなかったのですが、大きな方針転換があったようです。今後の発見が日本の古代史を豊かにし、より正確な姿が解明されることになるでしょう。
 天皇陵の多くは、その実態はよく分かっていないらしいです。ついている名前と本当の被葬者が一致している保障はありません。古事記や日本書紀などの文献からそれと推定(それを比定というらしいのですが)されているに過ぎません。
 私は学生時代から何度も奈良や明日香の地を歩きました。山のような前方後円墳を見て驚いたものです。山辺の道にある崇神天皇陵や景行天皇陵は特に記憶に残る巨大古墳です。これまで知りたくても近づけなかったこれらの天皇陵伝承地にも調査が入れば、古代の歴史は一挙に鮮明なものになる可能性もあります。
 ただし高松塚古墳が腐食しているように、調査はある意味で破壊にもつながります。細心の注意と、高度な技術によって調査がおこなれることを期待します。

« auも無料通話に | トップページ | 殺人罪に時効は必要か »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/40232118

この記事へのトラックバック一覧です: 陵墓調査に期待:

« auも無料通話に | トップページ | 殺人罪に時効は必要か »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック