おすすめの本

無料ブログはココログ

« がんばれ新入生・新入社員 | トップページ | 第2のルート »

2008年4月 8日 (火)

五輪は不戦の祭典に

 チベット問題で聖火リレーが妨害される事件が起きています。フランスでは安全上の理由でついに聖火が一時消されたと報じられました。チベット問題は少数民族の人権を考える上で看過できない問題です。中国という国家が歴史的に多民族国家であり、周辺の民族との緊張関係に常にさらされてきたことは有名な事実です。チベット民族が国境によって分断され、離れ離れになったものたち同士がアイデンティティを主張するのも理解できます。
 ただし、オリンピックだけは戦争や紛争に無関係に行われてほしいのです。過去にもモスクワ大会やロサンゼルス大会などで政争の具にされてしまったオリンピックですが、せめてこの大会だけは純粋にスポーツの祭典にできないものでしょうか。
 そのためにも、私たちは少数民族の意見を受け止める準備をしなければなりません。確かに報道管制がしかれるなかでその声を聞き取るのは難しい。でもせめて関心を持ち続けることが事態を改善するきっかけにはなるはずです。

« がんばれ新入生・新入社員 | トップページ | 第2のルート »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

聖火ランナーを取り囲んで走る護衛と警察官
の多さが余計異様に写りますよね。


ぶる夫☆

難しい問題ですよね。
ロシアも同じ事ですね~。でもまだイギリスやフランスあたりで妨害が起きるのは、主張か利用したフーリガンかわからないですね。本当の主張ならば選手を傷つけたりはしないで他の方法にして欲しいです。
ガードの方はご苦労さまな事ですね。
スポーツや音楽やダンスや芸術は国境を越えるからこそ意味があるはずです。
中国は歴史と体制が複雑で国民が意識して変えてくしか無いですね。
中国困ったもんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/40815916

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪は不戦の祭典に:

» チベット人を銃殺する中国の国境警備隊の映像を広げよう [中国・チベット問題と北京オリンピックの中止、反対運動・ボイコットを考える]
中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像(非グロ/日本語字幕付)このビデオを広めましょう。以下、ビデオからコメントとナレーションを一部、抜粋。「野犬でも狩るかのように撃ち殺してる・・」インドのダライ・ラマを尋ねるために節減をゆっくりと静かに行進しているルーマニア人をはじめ、さまざまな国の登山者たちが集まるキャンプの静寂は・・・自動小銃の銃声によって打ち破られた。(中国人の)兵士が引き金を引き、銃弾はチベット人に命中した。チベット人が雪上に倒れる。最後尾の一人は最初の銃弾...... [続きを読む]

« がんばれ新入生・新入社員 | トップページ | 第2のルート »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック