おすすめの本

無料ブログはココログ

« 忙しさの中で | トップページ | 国語の教科書の最初のページは漫画 »

2008年4月11日 (金)

弁護士ドラマの背景は

 4月から始まったテレビドラマに弁護士を扱うものが複数あります。犯人逮捕ではなく、被疑者の疑念をはらすのが目的です。実際の法廷でも冤罪の報告があり、容疑者となった時点で、人権がほぼ剥奪されてしまいます。それを守るのが弁護士ということになります。刑事や検事ではなく、弁護士が主人公になることが昨今の世相を反映しているのかもしれません。
 さて、法廷を舞台とするドラマがこのところ増えています。これは裁判員制度の発足と何か関係があるのではないでしょうか。一般人が司法の場に参加する画期的な制度です。ただ、私たちは裁判というものをよく知りません。それでも指名されたならば裁判員にならなくてはならないのです。このことはあまり話題になっていませんが大丈夫なのでしょうか。今後、裁判を取り上げるものがさまざまな形で出てくるものと思われます。
 実際の事件は数時間で解決するような生易しいものではないし、相手が人間ですから簡単に割りきれないことも多々あるでしょう。ドラマのような人生という表現がありますが、ドラマで学ぶ人生もあるのかもしれません。

« 忙しさの中で | トップページ | 国語の教科書の最初のページは漫画 »

社会」カテゴリの記事

コメント

制度が関係あるかわかりませんけど、刑事物のブームが下火だし、世間を反映して女性弁護士を主人公に世間を描くっていうのが多いですね。

木曜日の野際陽子さん素敵ですね。
あと金曜日の天海祐希さんの精神科医、
今日、水曜から始まる上戸彩さんのホカベンも弁護士者ですね。

私はそのほかに、月曜日の木村拓哉さんの総理大臣が楽しみです。
火曜日は少し路線が違うけれど、堺正章さんのドラマも
懐かしい雰囲気がいいですね。

土日は太王四神記と、ファンジニと、韓国の大河ドラマ男女各々主演なのが面白いです。

日本では女性の大河ドラマ主人公は少ないですからね。
太王四神記も、日本では学者がうるさくてドラマに出来ない時代なので、新しい面白さがあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/40848784

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士ドラマの背景は:

« 忙しさの中で | トップページ | 国語の教科書の最初のページは漫画 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック