おすすめの本

無料ブログはココログ

« ブランドケータイもいいけど | トップページ | 震える寒さ »

2008年5月11日 (日)

木村拓哉総理大臣ドラマの背景

 明日から始まるフジテレビの月9ドラマ「CHANGE」では木村拓哉演じる主人公が小学校教師から政治家に変わるいきさつがメインの筋になっているといいます。政局が不安定な中、際物の内容なのできっと高視聴率になると思います。
 さて、このドラマの設定は主人公の政治家の父親が急死したことにより、選挙に駆り出されるというものです。政治の世界が世襲で動いていることは昨今の実際の総理の経歴を見れば明らかですが、でもなぜか寂しい気になります。結局人材不足なんだなと思ってしまうのです。
 実際の次の総理がだれになるか分かりませんが、日本の政界にもっと優秀な人材が増えることを祈って止みません。

« ブランドケータイもいいけど | トップページ | 震える寒さ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/41174644

この記事へのトラックバック一覧です: 木村拓哉総理大臣ドラマの背景:

« ブランドケータイもいいけど | トップページ | 震える寒さ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック