おすすめの本

無料ブログはココログ

« 体罰なき指導 | トップページ | 売るなら低公害車を »

2008年5月19日 (月)

国際救助隊を讃える

 四川大地震に派遣された日本の国際救助隊は、結局一人の人命も救助できませんでした。中国側の受け入れが遅れた上に、救助隊が得意とする都市型災害とは異なる地域に派遣されたこと。移動すべき交通路の不通など悪条件が重なったのが原因と考えられます。
 ただし、被災地で実際に活動した実績は様々な意味で有益でした。中国の方々に誠意は伝わったと思います。それはとても大切な成果でしょう。また、瓦礫の山と闘った隊員は貴重な体験をしたはずです。我が国は震災とは無縁ではいられません。有事の時はきっと今回の経験が活かされることでしょう。
 また、今回の震災はもしもの時の国際救助隊の受け入れについての教訓を残しました。一人でも多くの国民の人命を救いたいなら、救助隊の受け入れに迅速であること。隊の性格を把握して最も適切な場所に派遣を要請すること。それらを短時間に決断することなどです。
 マグニチュード8の直下型地震の発生を想定した救助のシュミレーションを関係方面には是非ともしておいてほしいと思います。

« 体罰なき指導 | トップページ | 売るなら低公害車を »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/41259175

この記事へのトラックバック一覧です: 国際救助隊を讃える:

« 体罰なき指導 | トップページ | 売るなら低公害車を »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック