おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

高津臣吾選手の快挙

 スワローズの黄金時代のリリーフエースで、アメリカのホワイトソックスでも活躍した高津選手が、6月29日、韓国プロ野球リーグ所属のウリ・ヒーローズでセーブに成功しました。相手はLGツインズです。場所はチームの本拠地ソウルのモクトン球場です。この球場はWikipediaによると両翼98メートル、中堅120メートルとか。日本の球場とほぼ同規模です。観客席がかなり少ないようですが。
 これで高津選手は日米韓のプロ野球でセーブを達成したことになります。ヒーローズはソウルを本拠地とする新興チームで、抑えを欠き後半に逆転されることが多く、現在8チーム中7位。高津選手はチームの窮地を救うべく即戦力として加入した「外国人選手」です。6月に入団して、24日に初登板、高津選手は早速その仕事を3試合目の登板で達成したのです。
 スワローズ時代は試合中の集中力と、オフの時のおとぼけとの落差が魅力的な選手でした。韓国でもぜひ人気選手になってほしいと思います。

2008年6月28日 (土)

昔のユニフォーム

 テレビでライオンズとマリーンズの試合を観ました。大差がついて試合内容はだめでしたがライオンズが西鉄時代のユニフォームであったのはびっくり。シンプルなデザインですが独特な味わいがありました。

2008年6月27日 (金)

KDDI固定電話とau間も無料に

 電話会社の無料化合戦はまだまだ続くようです。KDDIは固定電話(IP電話も含む)と携帯電話間の通話も無料にすると発表しました。対象は同社の固定電話サービスとau携帯電話を利用する利用者で、同社の固定電話サービス同士、および同社の固定電話サービスからau携帯電話への通話、さらにau携帯電話からKDDI固定電話への通話も24時間無料にするのだそうです。サービス開始は8月1日とのこと。
 例えばわが家の場合は、KDDIのメタルプラス電話に加入し、auの携帯電話を使っていますのでこの恩恵に完全にあずかれることになります。すでに家族間のau携帯電話は無料になっており、携帯電話で家族以外と通話することがほとんどない私にとって、このサービスは非常に魅力的なものです。
 純増契約者数でソフトバンクに負け続けたことが刺激になっているのでしょうか。ホワイトコールという類似したサービスに対抗したものといえます。ソフトバンクのサービスの固定電話はIP電話だけを対象にしていることから、KDDIのサービスはさらに範囲を広げたものといえます。
 不安定であるという噂があるIP電話(真偽のほどは定かでありません)ではなく、電話番号も変わらず安定している一般電話がサービスの範囲に含まれたことが今回の目玉といえます。このサービス開始に伴いNTTの固定電話からKDDIに切り替える利用者が増えると考えられます。固定電話の基本料収入を切り崩すことが目的であると同社の小野寺正社長はコメントしているとのこと。この業界は一層熾烈な競争を繰り広げてゆくことになりそうです。

2008年6月26日 (木)

人間的な距離

 以前本で読みましたが、動物はそのサイズによって、寿命や行動様式などが大体決まるのだといいます。一日の行動半径も算出できるとか。
 今朝、通勤電車が途中駅の信号機故障が原因で大幅に遅れました。実はいまその車中です。考えてみれば、電車に乗ることによって、私たちは人間的な距離をはるかに超える空間を生きています。
 この際、人間らしく生きるとはどういうことかを考えてみたいと思います。

2008年6月25日 (水)

横浜の夜

横浜の夜
 所用で横浜に来ました。ちょっと時間ができたので夜の山下公園を訪ねてみました。平日の夜だけあって人気は少なく、曇天ですが快適な気候です。近くのコンビニで横浜ビール激辛仕立てハバネロを買って飲んでみました。確かにハバネロの味がします。つまみの役割もビールがしてくれるので気に入りました。みなとみらいの観覧車を携帯電話のカメラで撮ってみました。

2008年6月24日 (火)

学校に太陽電池を

 東京都が温暖化対策のために二酸化炭素削減を大規模事業所に義務付ける条例案が担当委員会で可決され、明日にも制定されます。日本の首都圏が環境問題に本腰を入れていることを世界に示すにはいい機会でしょう。
 しかし、もはや理念だけではたちゆかない段階です。新たな一歩を踏み出す必要があります。そこで各学校に太陽電池パネルを設置することを提案します。パネル設置には一定の面積が必要です。校舎の屋上や校庭の一部にその可能性があります。
 ただし、安全性が確保できるか。いたずらや偶然の障害に対処できるかなど解決しなければならない問題があります。
 学校内の電力の補給という目的はもちろん、エネルギー問題を児童や生徒に考えさせる教材としての効果も期待できます。

2008年6月23日 (月)

渋谷にラスボス?

 ITmediaニュースが20日に配信したニュース「渋谷駅はまるでダンジョン」は笑える記事でした。副都心線が開通して渋谷駅は一層迷路状態になったというのです。いままでも十分な迷路だったのですが、RPGでラスボス(ラスト・ボス、つまりものすごく強くそれを倒すとゲームがクリアできる敵)が出てくるダンジョンのようになったというのです。記事の中で紹介されている東京メトロのWebサイトの構内図を見ると、なるほど攻略本に出てくるダンジョンの地図そのものです。
 そういえば、副都心線の池袋駅も非常に迷いやすいことが新聞記事になっていました。都会で暮らすためにはいろいろな苦労がありますが、人間の作った迷路にはまらないことも大切なようです。

http://news.nifty.com/cs/technology/internetdetail/itmns-20080620063/1.htm

2008年6月22日 (日)

蚊取り線香

蚊取り線香
 最近は蚊取り線香を使うことがなくなりました。電気の蚊取り器が便利なのは分かりますがなぜか渦巻き線香が懐かしく思います。つい買ってしまいたくなって写真を撮るだけにして思い止まりました。

2008年6月20日 (金)

電気自動車普及の機会か

 来月号のJAF MATEに気になる記事がありました。神奈川県がEV(電気自動車)の普及のために、5年間で3000台を目標に国からの補助金約97万円に加えてこの半額程度の補助金を上乗せするという施策を発表したというのです。これらを組み合わせると300万円のEVが約162万で買えることになります。これならば手が届きそうです。
 同誌によると神奈川県の制度を利用しEVを購入して、ガソリンがリットル170円という条件で、5年で5万キロ走行し、充電に夜間電力を利用するならば、車両価格100万円の軽自動車よりEVの方がお得になるのだとか。ガソリンの価格が急騰し、リットル180円台に突入するかもしれないとの見方も出ています。ますますEVの普及には好都合な条件がそろいつつあります。
 とはいえ、電気自動車の数は実際には非常に少なく、神奈川県のWebサイトのデータによれば平成17年の国内保有台数はわずかに647台、それも統計の数値が掲載されている平成12年以来減少の一途をたどっています。C02排出量削減に本気で取り組むなら、EVを始めたとした新エネルギー動力車をはやく普及させる必要があります。

2008年6月19日 (木)

満員電車にサンダルは

 関東地方は梅雨の長い中休みの中、今日も蒸し暑くなりそうです。クールビズは民間ではいっこうに進まないようで、今朝の通勤電車も暑苦しいスーツ姿であふれています。
 満員電車の中にサンダルで乗り込んでくる女性が少なからずいます。涼しげで実に羨ましいのですが、やはりラッシュ時は止した方がいいのではないでしょうか。
 電車の速度はかなり速く、当然揺れもあります。空いている時には感じない車両の傾きも満員電車では乗客のゆらぎによって増幅されます。よって足を踏まれたことは何度もあります。裸足同然の履物でこうした危険な空間に入るのは賢明とは言えないでしょう。
 本当はサンダルでも草履ででも安心して乗れるくらいの混雑度に抑えられることが肝要なのでしょうが、今はまだ完全武装が必要です。

2008年6月18日 (水)

ウグイス

 私の職場は都市部にあって、最寄り駅の乗降客はかなり多いです。幸い駅の裏に幾分か雑木林が残っており、かろうじて緑があります。
 その林に今春からウグイスが鳴き始めました。俳句の世界では老鶯と名を変えるでしょう今でも例のさえずりで鳴いています。昨年まではなかったことなのに不思議です。飼っていた鳥が逃げ出したのか。自然環境が改善されたのか。はたまた地球環境の変化によるものなのか。いろいろ考えても結論が出ません。
 ただ、慌ただしい朝に聞こえてくるホケキョウは、精神衛生上よいものであることは間違いありません。

2008年6月17日 (火)

乗り入れ過密ダイヤの問題点

 東京メトロ副都心線が開通し、人の流れが大きく変わると言われています。数年後には東急東横線にも接続し、横浜方面から3つの副都心を経由して和光市まで伸びる大動脈になる予定です。
 この路線もそうですが、首都圏の鉄道の多くが複数の会社線を相互に乗り入れる方式をとっています。乗り換えなく路線を乗り継げることは非常に便利です。ただ困ったこともあります。
 営業区間が延びれば延びるほど、事故や混雑によるダイヤの乱れが発生する確率が高くなります。場合によってははるか遠く駅で起きた列車故障のせいで、一時的に電車が止まることもあります。
 私の利用する東急田園都市線は、半蔵門線と東武伊勢崎線と日光線に接続しています。このところ夕刻のダイヤの乱れが頻発し、遅れが出なかった月はおそらくないと思います。この路線は時刻表通りに走るとは考えない方がいいでしょう。
 多少の遅れはいいとして、利用者から是非ともお願いしたいのが安全運行です。過密ダイヤが事故の原因にならないよう配慮してほしいです。

2008年6月16日 (月)

携帯カラオケ

 世界最小の携帯カラオケが今秋発売されるそうです。大きさは一辺7センチ程度の立方体で価格は1万円程度、専用のマイク付ヘッドホンを使うと、エコーや音程変化などの機能が使えるようです。ヘッドホンを追加するとデュエットもできるとか。
 私は現在携帯電話のカラオケサイトで歌うことがあります。無料なので気軽にできます。ただエコーや音程、テンポの変化は無理、その点この携帯カラオケはさすがに優れもののようです。
 ただ、ヘッドホンをして一人でカラオケというスタイルが何かむなしく感じるのは私だけでしょうか。いや、本番のための練習用かもしれませんね。

2008年6月14日 (土)

国産食品購入増える

 昨日、時事通信社が配信したニュースによれば、農林漁業金融公庫の発表した消費者動向調査の結果から、国産食品を購入する人の割合が増えていることが伺えるとのことです。一般に国産品の方が割高であり、中にはかなりの価格差があるものがあります。それでも国産品を選ぶ消費者が増えたのは、中国の冷凍餃子問題に端を発した食の安全性に対する疑惑が原因と見られます。最近、韓国とアメリカの間の摩擦を引き起こしている牛肉の問題にしても、自国でその安全性が確認できないところに問題の根があります。
 もっとも、昨今の食品偽装事件のように、国産品であるからといって安心はできません。賞味期限や食材のごまかしはあとをたちません。ただ、国内の製品については管理の目が届きやすい(監視できる可能性が高いといった方がいいのかもしれませんが、)わけですから、やはり、国産食品を選ぶ心理は納得できます。
 エネルギー問題などを考慮するならば、今後は一層国産品を購入する機会が増えると思われます。その際にはどうしても価格の値上がりを覚悟しなければなりません。遺伝子組み換え製品や高農薬産物、あるいは食品添加物の添加ゆえに保たれてきた低価格輸入食物をあきらめなくてはならないのです。結局、日本人の食卓は日本で取れるものを中心とした食材で作られるように少しずつ変えていかねばならないことになりそうです。

2008年6月13日 (金)

ナイフ男の残した社会不安

 午後4時過ぎのことでした。職場に警察から連絡が入りました。刃物を持った男が付近を徘徊しているという情報が入ったので十分に注意してほしいとのこと。秋葉原の通り魔事件の直後だけに緊張が走りました。
 結局、持っていたのは刃物ではなかったことが判明したようで、空騒ぎで済みました。おそらく、敏感になっている人が見間違ったのでしょう。最近何度か聞いている誰でもいいから殺したかったと犯人の供述が不気味に私たちの心を揺さぶります。

2008年6月12日 (木)

五月晴れ

 けさがた降っていた雨は上がり、帰路は青空になりました。雨ばかり続くとやはり、意気消沈します。梅雨の晴れ間は嬉しいものです。
 ああ、職場に傘を忘れてきてしまいました。まあいいか。

2008年6月11日 (水)

紫陽花

 気がつけば通勤途中の住宅の垣根から伸びた紫陽花が満開になっていました。アスファルトの破れに咲いたツユクサも今日は見つけることができました。
 毎日通る道でも、こちらにものを見る余裕がなければ、記憶に残すことができないようです。

2008年6月10日 (火)

タスポをめぐるあれこれ

 タバコの自動販売機に成人であることを確認する手段としてタスポ(成人認識IDカード)が導入され始めています。東京では来月から導入。これがないと自動販売機でタバコが買えなくなります。未成年者の喫煙を防ぐだけではなく、タバコ自体の販売数を削減するのに役立ちそうです。一方では導入経費ばかり掛かり、実効性が乏しいとの意見もあります。未成年者の万引きが増えたとのありがたくない報道もあるようです。
 タバコ税を跳ね上げ、一箱1000円にしようという意見はかなり真実味を帯びて来ました。健康に害があって、国家の医療費を使う可能性を高くするタバコに高税をかけることには大義名分があります。税収不足で悩む政府にとっては導入しやすい増税策かもしれません。
 ただ、貧乏人からまた金を巻き上げると愛煙家からクレームが出るのは必至ですが。

2008年6月 9日 (月)

高麗神社にヨン様効果

 埼玉県日高市にある高麗神社(こまじんじゃ)が脚光を浴びているようです。祭神は高麗王若光で、この人物は高句麗滅亡後日本に渡来した子孫であるとのことです。高句麗の滅亡は668年。以来、その子孫が宮司として社殿を守ってきたということです。韓国ドラマ太王四神記は高句麗王の好太王(広開土王)の話ですが、主役を務めるのがかのぺ・ヨンジュンであるため、この神社への参拝者が急激に増えたというのです。ヨン様効果はまだ顕在です。
 この神社、それ以前から出世明神の異名をもつ縁起のいいお社だったようです。複数の政治家がここを参拝したあと総理大臣になったからとか。JR八高線、高麗川駅から徒歩20分らしいです。私はまだ行ったことがありません。でも魅力的ですね。

2008年6月 7日 (土)

日本も多民族国家

 アイヌが先住民族であることを政府に求める決議が衆参両院で決議されました。これではっきりと日本が単一民族ではないことが認められそうです。アイヌは北海道に約2万4千人住んでいて、独自の言語・文化を持っています。もともとは狩猟採集の生活を中心としてきましたが、本土からの居住者によって時に差別的な扱いを受けてきました。全人口比ではかなり少ない民族です。だからこそ、存在感が軽く見られてきたのでしょう。
 今回、あらためてアイヌに脚光が当てられたのは、洞爺湖サミットの開催と無関係ではないでしょう。人権問題が世界各地で取りざたされているなかで、わが国がやるべきことをやっておかなければならないと考えたのでしょう。
 今後、日本は海外からの移民を受け入れる機会が増えていくことになると思います。日本は決して単一民族国家ではないのです。

2008年6月 6日 (金)

二酸化炭素は増え続ける

 ロイター伝のニュースによると、国際エネルギー機関は2050年までに世界の二酸化炭素排出量は現在の状態が続けば130%増加すると発表しました。温暖化の原因が二酸化炭素の増加にあることはほぼ間違いないとされている中で、この数値は衝撃的です。
 最近はエコという考え方は普及しており、温暖化による危機感も周知のものになりつつあります。エコバッグをもって買い物に行く人も増えつつありますが、一方ではブランドのエコバッグをいくつも買う人が現れるなど、方向を間違った人もいるとか。環境問題はもっと真剣に考えなくてはなりませんし、それに対する知識も高めていかなくてはならないようです。
 私たちが自分たちの利害を考えて生きていくうちに、確実に二酸化炭素は増え続けているのです。

2008年6月 5日 (木)

教師の失言

 藤沢の公立中学校の社会科の教諭が、授業中に同時多発テロはアメリカの自作自演であったと話したことが問題となり、PTAに謝罪するという事件になったそうです。この教諭は4つのクラスで同様の授業を繰り返したらしく、それが保護者の耳に入り、それを学校や市教委に抗議したことにより公になったのです。この事件から私はいくつかの問題を考えました。
 まず、教師の影響力はやはり大きいということです。今回は事実の認識に対するかなりユニークな見解であり、衝撃的な内容であったのですが、そうでなくても教師が学校で話すことは生徒に多大なる影響を及ぼすということを表わすものだと思うのです。まずはこのことを教員は再確認しなくてはなりません。
 問題の教諭はものの見方は多様であり、さまざまな説がありうるという例としてあげたと釈明しているようです。もしそうであれば、逆にこの教員の指導法は賞賛すべきでしょう。歴史の解釈をめぐって検定教科書のあり方が問題になる中で、教科書を鵜呑みしない精神を伝えたとするならば、それはいまの日本人にもっとも求められる力だと思うのです。
 ただ、それならば対立するさまざまな意見が存在することをしっかりと伝えておかなくてはなりません。今回「自作自演」説が問題となったのは、おそらく教員がこのことに力を入れて話したのでしょう。あるいはこれは推測ですが、一般的なイスラム側の報復説が間違いであると言ったのかもしれません。難しいことですが、生徒には批判的精神も教育しなければなりません。歴史の見方は一つではないというからには、教師の教えることも絶対ではないということです。それを徹底してからでないと奇説の披露は意味がありません。
 中等教育は知識の伝達のみならず、ものの考え方や、解決に至る能力を教えることを第一にしなくてはならない。そんなことを今回の事件から考えました。

2008年6月 4日 (水)

野球は2時間半で

 プロ野球は交流戦の真っ只中。今年もパリーグ勢の活躍が目立ちます。さて、今年は試合時間の短縮が目標に掲げられ、選手交代の時間を制限するなどの工夫がなされているようです。しかし、依然として野球の試合時間は長いという印象は拭えません。私は試合時間を2時間半を標準目標にすることを提案します。
 試合時間短縮はナイターの開催に必要なエネルギーの削減につながります。また6時試合開始ならば終了は8時半で、テレビ中継がしやすくなります。試合そのもの以上に注目されるヒーローインタビューも収まります。尻切れとんぼにならないことで野球中継の価値を上げることが可能です。
 白熱した試合は時間が気になりませんが、いつもそういうわけにはいきません。時間短縮は野球人気回復に不可欠です。

2008年6月 3日 (火)

李明博大統領の試練

 韓国の李明博大統領の支持率が急落しています。経済界出身の大統領がアメリカとの取引に関して国民の反感を買っているようです。中でも牛肉の輸入を巡る取引は国民の食の安全性を脅かすものとして非難されています。
 政治的経済的にアメリカに大きく依存しているのは日本も同じ。食糧自給率の低いのも共通しています。李大統領が判断した国益のための選択は理解できないわけではありません。ただ、国民に不安を与える政策は支持されません。トップダウン型で政治を行う手法がお得意のようですが、今は国民の理解を得る努力をされた方がいいようです。

2008年6月 2日 (月)

梅雨入り

 関東地方が梅雨入りをしたらしいとの発表がありました。昨年より随分早いようです。台風の影響もあって、明日はかなり気温が下がるとのこと。最近、ようやく風邪が治ったばかりなので、気をつけなくてはならないと思います。

2008年6月 1日 (日)

ガソリンついに170円超え

ガソリンついに170円超え
 ガソリンの小売価格がとうとう170円台になりました。このところの変動の大きさは凄まじいですね。

水着は共通に

 競泳の水着に関する一連の情報は、スポーツと企業との緊密な関係を明らかにするものでした。本来、選手の力と技の競争であるはずのスポーツに企業間の競争の論理が持ち込まれた感じがします。
 話題の記録連発水着をもし日本やほかのアジアの企業が先に開発していたとしたら、きっとルール違反ということにされていたと思うのは私だけでしょうか。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック