おすすめの本

無料ブログはココログ

« 紫陽花で食中毒 | トップページ | ガソリン182円 »

2008年7月 1日 (火)

モーリタニアのたこ

 スーパーで食品の買い物をしているとさまざまな国の名前が見られます。この前は安いアジの干物があったのでパックをひっくり返して表示を見てみるとフランス産という表示がありました。その隣にはオランダ産もあります。シシャモはノルウエー産です。水産物のような鮮度を大切にする食品でもかなり遠方から来ているのです。海老は東南アジア、鮭はロシアやアラスカ産が多いのはご存知でしょう。
 ところで、おそらく多くの方が一度はご覧になっているはずなのがモーリタニアのたこです。国産のたこに比べると値段が安く、私はつい買ってしまうことが多いのです。ところで、モーリタニアってどこだが分かりますか。私はインド洋かどこかの小島の国と思っていました。ところがそれは大間違い。正解はアフリカです。それも西アフリカです。グーグルマップでモーリタニアから東京までの距離を測ると、13,490kmもありはるかかなたです。実際は日本からの直行便はなく、パリ経由かドバイ経由になるとか。たこは遠い旅路をたどっていたのです。モーリタニアの内陸部は砂漠ですが、長い海岸線も持っており、たこ・いかなどの海産物に恵まれています。これを輸出して外貨を稼いでいるというのです。ただ2006年の一人当たりの国民総所得は760ドルで日本の2%にも及びません。そのためフランス、アメリカ、スペイン、日本、ドイツなどの援助を受けており、2005年には日本から1472万ドルの援助を受けています。
 最近、フードマイレージという考え方が普及し、地産地消を奨励する動きがありますが、モーリタニアのたこはその意味では著しい劣等生ということになるわけです。それにしてもこれほどの距離を移動しながらも、国産のたこより安いのどういうことなのでしょうか。

« 紫陽花で食中毒 | トップページ | ガソリン182円 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

モーリタニア・・地図がかわっていくので、知らない国が増えてしまいました。
国産のタコが手に入らないのは困ったものです。
シーフードも野菜も肉もです。

遠洋の猟師さんって凄いですね。
もちろん、こちらは輸入でしょうけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/41704998

この記事へのトラックバック一覧です: モーリタニアのたこ:

« 紫陽花で食中毒 | トップページ | ガソリン182円 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック