おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

ディベート国会になるか

 昨日の麻生首相の所信表明演説は、明らかに選挙を意識したものでした。民主党に質問する形の言い回しは、明らかに政権交代の可能性を想定したものです。麻生首相としては政権担当能力があるのか否かを国会で明らかにしようという狙いがあるのでしょう。
 選挙前に各政党の政策を明らかにしておきたいと思います。国会を政策に関するディベートの場にして、分かりやすく国民に示してほしい。民主党以外の野党もそれに埋没しないようにがんばってほしいものです。
 次の選挙の投票率が上がれば、日本の未来は開けるかもしれません。

2008年9月29日 (月)

一気に秋

 今朝の通勤電車は大半が背広の上着を着た人が占め、中にはコートを着ている人もいます。東京の予想最高気温は18度ということ、一気に秋が深まりました。

2008年9月28日 (日)

マラソン世界新記録は時速20.42km

 第35回ベルリンマラソンにおいてマラソンの世界新記録が達成されました。エチオピアのハイレ・ゲブレシラシエ選手が自身の持つ記録を破る2時間3分59秒でゴールしたのです。ついに2時間3分台に突入したのです。
 今回の記録を単純に計算すると時速20.42kmとなります。自転車をかなりがんばってこがなくては出ない速度です。1kmを2分56秒余りのペースで駆け抜けたことになりまさに驚異的な記録です。
 ゲブレシラシエ選手といえば北京オリンピックを大気汚染を理由に辞退したことでも話題になりました。きっと彼の呼吸器は強靭だが繊細なのでしょう。どれだけ記録を伸ばすのでしょうか。また、これを破る選手はほかに出るのでしょうか。

5日大臣の責任

 中山成彬国土交通大臣の辞任が発表されました。理由は日教組や成田空港反対派に対する不適切な発言が関係団体や野党などから反発を受けたことにあります。この大臣は小泉内閣で文科相を経験しています。これまでも不適切な発言が多く、政治資金に関する疑惑もあった人物であり、要注意人物と考えられていましたが、1週間も持たない結末を誰が予想したでしょうか。
 麻生内閣の支持率が低調だったのに中山さんは何にも感じなかったのでしょうか。今は自民党政権の危機です。いかなるエラーも許さないはず。自分の発言がどんな影響を及ぼすのか分からない政治家が大臣になるとは、やはりこの政党は人材不足なのでしょう。政権交代して与党の先生がたにも緊張感を持っていただかないとならないのかもしれないと本気で考え始めてしまいました。

2008年9月27日 (土)

ハロウィンセール

ハロウィンセール
 近くの商店街でハロウィンセールが始まっています。ジャコランタンをモチーフにしたデコレーションが並んでいます。

2008年9月25日 (木)

最も嫌いで見習うべき国 日本

 韓国の中央日報(チュンアンイルボ)が配信した世論調査によると、韓国人にとって最も嫌いな国は日本で全体の57%にも及んだそうです。一方で模範とするべき国の1位も日本で24%あり、2位のアメリカが18%であることを考えると、この結果は韓国人の複雑な感情を物語っているといえます。
 このところの嫌日感情の高まりは竹島(独島)問題が影響していると考えられます。もちろんその下地には、韓国の歴史教育が陰を落としているのも事実ですが、一向に安定しない李明博政権への苛立ちなども影響していると考えられます。
 日本人の立場からみると、嫌いだと言われてしまうといい気はしません。その思いのまま韓国を嫌悪する発言をする日本人も出ています。しかし、話は単純ではありません。これまでも日本に対しては嫌いと答えることが習慣化しているのが韓国の現状です。さらに韓国人が現状に不安と憤りをもっているのは事実で、その矛先が隣国の日本に向けられているに過ぎないのです。私たちは冷静にこの事実を見つめるべきでしょう。

 ところで、韓国のメディアの質について私は少々疑問を持っています。刺激の強い報道で売り上げを伸ばすという手法からはそろそろ脱却した方がいいのではないでしょうか。中央日報はオリンピックで女子選手の着替え写真を報道し、IOCからの非難を浴びました。同社は日本でいう大衆向け週刊誌レベルのものと理解しておけばいいのでしょうか。ご存知の方は教えてください。

2008年9月23日 (火)

彼岸の中日

 久しぶりに晴天になりました。秋分の日の朝、ツクツクボウシの鳴き声は聞こえましたが、さすがに秋の色が濃くなりました。昼夜の長さが逆転するのだとか。そういえば日が落ちるのがどんどん早くなっています。
 この時期、上着を着て汗をかき、体を冷やして風邪をひくという失敗をよくやります。気をつけなければ。

2008年9月22日 (月)

危ない給食

 汚染米に加えて有害物質が混入した粉ミルクが国内でも流通していることが判明しました。一部の地域では学校給食の食材になっていたらしく、事態は深刻です。
 給食は限られた予算の中で短期間に大量に消費されるため、安い輸入品に依存することが多いのかもしれません。しかし、今回のような食害事件を未然に防ぐには、生産の情況が把握しやすい国産品、とりわけ地元の産品を優先して使うべきでしょう。
 安定した需要があれば、農業や漁業の振興につながり、価格も下がっていくはずです。今回の問題を地産地消の流通システムを再考するきっかけにしてほしいと思うのです。

2008年9月20日 (土)

来年は秋にも大型連休

 すでに多くの方がお気づきと思いますが、来年の今頃に大型連休があります。土曜日が休みならば5連休にもなるのです。
 敬老の日が9月の第3月曜になり、秋分の日が23日にあるため、挟まれた22日が国民の休日となるのだとか。5月以外でこの制度が適応されるのは初めてらしいです。
 もっとも秋分の日を何日にするかの決定はその年の2月だそうです。よほどのことがない限り変わらないはずですが。
 敬老の日が21日になるのは来年の次は2015年だとか。その時までこの制度が続いているでしょうかね。

2008年9月19日 (金)

農水相に優秀な人材を

 太田農水相が汚染米の不正流通の責任をとって辞任するそうです。この事件の始まる前からこの政治家には問題が多く、福田政権の寿命を縮める一因になりました。
 このところ農水相に優秀な人材がいません。我が国にとって食糧問題は非常に重要であり、農政や漁業の振興は至急の問題です。最近の流行り言葉でいうなんちゃって大臣では困ります。次期政権には優秀な人材の登用を願うばかりです。

2008年9月18日 (木)

政権交代あるか

 福田首相の突然の辞任会見から、国会解散の機運が一挙に高まりました。自民党総裁選挙にあれだけの候補が出たのは、選挙を通してマスコミへの露出を増やし国民の関心をひこうとする戦略でしょう。結局、麻生候補が圧勝するはずで、残りの候補は今後への実績作りであり、総裁選挙の盛り上げ役をかって出たということなのでしょう。
 民主党は国民新党と合併しそうです。元自民党の議員が大半であるこの政党が与党になるためには、様々な政策をより分かりやすく国民に示すことが必要です。

2008年9月17日 (水)

台風13号の行方

 今回の台風は台湾や沖縄地方に停滞してなかなか動かないもののようです。一時は猛烈な勢力をもっていたのがいったん衰退し、いま再び勢力を盛り返しているようです。今後の進路予想では九州を横断し、東海道沖を進む可能性があるということで、広域の被害が予想されます。関東地方は土曜日が風雨のピークだとか。おとなしくしてほしいと思います。

2008年9月16日 (火)

緊急時のマナー

 今朝、田園都市線が車両故障のため大幅にダイヤが乱れました。信号トラブルが原因だったようです。電車は比較的はやく動き出したのですが、すべてのろのろ運転でなかなか目的地につきません。満員状態なので身動きもできないまま止まった車窓の風景を見るしかないのです。
 ある駅を出発して数十メートル走ったところで止まった時、ある年配の女性がドアを叩いて開けてくれと叫びました。体調が悪いのか、緊急時かと思いましたが、どうもそうではなくただ降りたかっただけのようです。目の前にホームがあるわけですから、降りたいと思ったのでしょう。このような時にいらいらする気持ちはよく分かりますが、電車の扉をひとつだけ開けることがいかに難しいかはだれにも分かっていること。他の乗客の事を考えてほしいと思いました。
 ただそういう声が聞こえても、ひるむことなく我慢強く次の駅に着くまで待った同乗者たちがいたことは、この国の人びとの常識はまだ保たれていることを明かしていたわけでもあります。

2008年9月15日 (月)

月見れば同じ月なり

 気象予報会社ウェザーニュースインフォメーションが「そらとも」という企画を実行中です。国が違っても同じ空を共有する仲間であることを意識しようというものです。
 昨日は中秋の名月でした。韓国でも月が見えたようで写真がアップされていました。
 空を見上げれば一つの地球に暮らす私達、大きな気持ちになればいろいろな問題も解決しそうですが。

2008年9月13日 (土)

事故米騒動で焼酎に風評被害

 残留農薬が基準値を越えている米が酒造業者や、給食を作る業者に流れていたという衝撃的なニュースが話題になっています。海外からの輸入米が原因というのですが、問題がある米と知りながら販売していた業者や、それを十分に確かめず購入し製品化していた業者の罪は重いでしょう。
 今回はとりわけ九州の焼酎などの酒造メーカーでこの米が使われていたことが明らかになり、回収も始められているようです。残留率が低いため飲んですぐに健康に害がある訳ではないようですが、そんな説明では消費者は納得できません。焼酎そのものが危ないのではという風評被害も出る可能性があります。
 焼酎は値段も安く庶民の酒です。その安全性が疑わしいとなると、社会的な影響力は大きいでしょう。信用回復のために最善の努力を求めます。

2008年9月12日 (金)

死刑をどう考えるか

 このところ死刑の執行が実現しています。刑が確定しても法相が許可しなければ執行されないため、一頃は長く行われていませんでした。最近、凶悪な犯罪が多発し、一方で検挙率が下がっていると言われる現状があります。断固たる処分は必要です。
 ただし死刑は国家による殺人であることは忘れてはなりません。慎重であるべきでしょう。死刑廃止論もありますが、現状では賛成できません。無期懲役でも仮出所が可能であり、その人物に関する情報が必ずしも周知されていないからです。
 まもなく始まる裁判員制度ですが、担当するのは重い犯罪ばかりだとか。死刑の運用に関して、もっと知識を持つ必要があります。

2008年9月11日 (木)

尾花たなびく

 残暑という言葉を使うのが、そろそろ憚られる頃になりました。朝晩は半袖シャツでは肌寒い陽気です。日中はまだ暑いのですが。
 今朝も満員電車ですが、車窓から線路脇を見ると、知らぬ間にススキの穂が朝風に揺れています。日差しにきらめいて、秋の確実な訪れを告げているようでした。

2008年9月10日 (水)

am/pm売却は誤報?

 今日の昼、コンビニエンスストアのam/pmが売却されるというニュースが流れました。いま帰路の電車の中ですが、無料の携帯電話ニュースサイトには産経新聞発のニュースとしてまだ掲載されています。
 ところが、その後これが誤報とのニュースが出ました。経営権を持つレックスHDが売却の予定のないことを発表したというのです。
 私の住まいのam/pmが今月末で閉店することを知っていたので、それと短絡的に関連付けていました。報道とは恐ろしいもの。これが意図的なものならば大問題でしょう。
 はたして真実はいかに?

2008年9月 9日 (火)

尊敬、懐メロ歌手

 年に何回かある懐メロ番組ですが、私はこれまで少々意地悪な見方をしていました。過去の栄光をかさにきて、画面を独占するのはおこがましいのではないかと。
 しかし、自分も歳をとり考え方が変わりました。私は決して上手くありませんが歌うのが好きです。でも最近、高音がでずキーが低く狭くなっているのです。昔歌っていた曲を歌えばこの事実は理屈抜きで迫ってきます。
 懐メロ歌手の中には、かつてと同じキーで歌う人もいます。実はそれが簡単なことではないことを知って、大いに尊敬の念に変わったという訳です。

2008年9月 8日 (月)

コンビニで声を出そう

 最近、コンビニの店主が書いたエッセイを読みました。そこにはコンビニの客がいかに無作法で非常識であるのかが数多くの例とともに書かれていました。
 最近のコンビニではマニュアル通りですが店員がいろいろと話しかけてきます。そのあまりにも紋切りがたの接客のために、自動販売機の音声ガイドかと錯覚してしまいそうになります。だからでしょうか、客側はだんだん無口になり、仕事がちょっと遅れただけで、機械をたたくかのように露骨に怒声を上げます。コンビニ店員は人格として認められない事態に至っています。
 コンビニのマナーを向上するにはまずは店員のマニュアル通りの接客をやめて、自分の判断で声をかけることにあると考えます。また、客も店員に声をかけることが必要です。ありがとうとかご苦労様とかの一言があれば、店員も労働の意欲を高めるはずです。
 かつての商店街には売り買いの行為に様々なコミュニケーションが付帯していました。コンビニはそれらを削ぎ落としてコンビニエンスな点ばかりを追求してきたのです。だから、現状は当然予測されることだったはずです。
 しかし、商店街のシャッターが閉まりっぱなしになってしまったいま、コンビニがその役目をはたさなければなりません。実はコミュニケーションに飢えている現代人のオアシスになるためには。

2008年9月 7日 (日)

ウルトラモバイルがほしい

 モバイルパソコンの中でも小型軽量のウルトラモバイルと呼ばれるパソコンに注目しています。価格も6万円前後で魅力的です。このクラスは台湾のメーカーが強く、国産は出遅れています。
 今日、近くの量販店で見たところ、acerのASPIRE ONE という機種に魅力を感じました。画面がきれいでキーも打ちやすかったです。バッテリが約3時間というのが気になります。
 ライバル機種の中にはASUSのEeePC901のように8.3時間とうたうものもありました。価格もさほど変わらず悩みどころです。持ち運ぶことを前提とした低機能機種ですから、何よりも丈夫で長持ちすればいいのです。こればかりは買う時にはわかりません。

2008年9月 5日 (金)

豪雨を横断

 昨日ちょっと変わった経験をしました。仕事の帰り電車に乗って暫く走ると急に窓をたたく大粒の雨音を耳にしました。その後雷鳴が轟きます。電車が止まるのではないかと感じるほどの豪雨でした。電車に乗った駅では雨の気配はまったくなかったのです。
 乗り換え駅はまさに雷雲の下、各駅停車の車両の床は異常に水浸しでした。おそらく乗客の傘のしずくが濡らしたと思いました。そこから5分の我が駅です。暫く雨やどりかびしょ濡れかを覚悟していました。ところが、雨はなし。わずかに路面がまだらに湿った形跡がありましたが、傘をさす人は一人もいませんでした。遠くから時折光る閃光はまるで花火のようでした。
 今年の流行語の有力な候補にゲリラ雷雨があると思います。ゲリラの中を横断する変わった経験をした訳です。

2008年9月 4日 (木)

北極海の温暖化はかなり深刻

 今日、共同通信が配信したニュースによれば北極海に面するカナダのエルズミア島(Ellesmere Island)の棚氷が大規模に崩壊しているとのことです。トロント大学の研究チームの計測によると、この夏だけでカナダの棚氷面積の23%にあたる214平方キロメートルが消失しているらしいです。氷はいったん海に流れ出すと融解の速度を速めます。解けた分が海面上昇につながります。滑り出した氷が元にもどるにはとても長い年月が掛かるとのこと。
 温暖化など存在していないという学説にはそろそろ消えてもらわなくてはならないようです。そしていち早くこのことを認識し、対策を立てなくてはなりません。

2008年9月 3日 (水)

蝶と蜻蛉

 今日も残暑が厳しくなりそうです。少し前の報道によると熱中症などの病気は絶対的な温度の高さより、急激な温度差が引き起こすことが多いとのこと。今日の東京は要注意です。
 とはいえ9月に入り、秋の色は確実に濃くなりつつあります。今朝は道を横切る蝶と蜻蛉を見ました。日が落ちるとコオロギの鳴き声が響きます。

2008年9月 2日 (火)

私の9月病

 9月になると憂鬱になる人がいます。世の中では9月病ともいうそうです。幸い私は病と名がつくほどの悩みはなく、終わってしまった夏休みに未練を残しながらもなんとかやっています。
 私にとっての9月病は、語学テキストを買い込んでしまうことでしょう。ラジオ講座はたいてい9月で一区切りがあります。だから10月号のテキストが発売されるとつい買ってしまうのです。今回こそ続けようと思って。
 しかし続いて2か月、年越しさえできず止めてしまいます。毎年こんなことを繰り返しているのが情けない。我が家の本棚には毎年の10月号のテキストが並んでいるのです。

2008年9月 1日 (月)

連日警報メールが届く

 携帯電話のサービス「防災@nifty」は天候や地震、さらには鉄道運行情報などが簡単に分かる便利なサービスです。私は自分の住んでいるところと勤務先のある地区で、地震や気象警報が出るとメールで通報してくれるように登録しています。このところ連日のように大雨と洪水に関する警報が発令されたとのメールが届きます。
 今日は久しぶりに天候が安定しています。でもいつまた例のゲリラ雷雨があるのではと心配になります。この天候異変は一時的なものなのでしょうか。気候変動によるものなのでしょうか。アメリカでは巨大ハリケーン来襲が予報されています。そろそろ自分の利益だけを考えてそれでよいという考え方は捨てなければなりません。これはSFではなく、リアルなのですから。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック