おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

昇格おめでとう

 何度か書きましたサッカーJFLの日程が終了し、優勝はHonda FC、2位栃木SC、3位カターレ富山、4位ファジアーノ岡山になりました。栃木、富山、岡山はJリーグ準加盟のクラブなので来年はJ2リーグ昇格になるはずです。
 これからが大変だと思います。地元の応援が大事です。

2008年11月29日 (土)

FC町田ゼルビアが来季からJFLへ参戦

 私の地元のサッカークラブのFC町田ゼルビアが来季からJFLに昇格することがほぼ確実になりました。地域リーグのチャンピオン同士で争うリーグで今日の試合で2勝目を上げ、今年の昇格条件となる3位以上になることが決定したのです。
 町田ではチームを2011年までにJリーグ昇格させようという動きがあります。東京の地方都市町田の挑戦はまだ始まったばかりです。

2008年11月28日 (金)

0系新幹線の思い出

 今月末で営業運転を終了する0系新幹線にはさまざまな思い出があります。現在このタイプの車両は新大阪博多間でしか走っていないようですが、かつては東京博多間の主力車両でした。新幹線に乗るときは特別な感じがしてやけに興奮した思い出があります。一時期、九州に住んでいたときがあるので、上京の際にはこの車両を使いました。乗務員の服装も在来線とは異なり、特別な気持ちになったものです。
 この新幹線の先頭車両をみると私はかわいらしい鳥をイメージします。やわらかい丸みがなんともかわいらしいのです。現在の新幹線はもっとシャープで動物的なイメージは薄くなりました。もっとも子供のころに新幹線を見たときは、未来の乗り物といった感じがしたものです。今月引退と聞くとなぜか蒸気機関車と同じようなノスタルジアを感じてしまうのですから不思議なものです。

2008年11月27日 (木)

21世紀はテロの時代か

 ルール無用の殺人であるテロのニュースがまた入ってきました。インドのムンバイなどの都市で起きた同時テロでは、日本人の犠牲者も出たとのことです。テロリストにとって標的は場合によって誰でもよく、そのやり口はきわめて卑怯です。
 日本でも厚生次官の殺害事件が発生しました。予告なしに人を殺すのはこれも一種のテロといえます。犯人の精神状態はおそらく異常はなく、社会に対する不適応が原因だと思います。
 冷戦終結後、世界はテロの時代に入っているのでしょうか。これを防ぐためのさまざまな努力をしてゆかねばなりません。

2008年11月26日 (水)

様々な警報メール

 メール配信による様々な警報サービスが提供されています。私もいくつかを利用しています。今朝は通勤電車の鉄道会社からダイヤの乱れを知らせるメールが届きました。私の場合は迂回法がないのでどうしようもないのですが、覚悟だけはできます。
 天気、地震、犯罪など速報されて大変役立ちます。もっともこういうのはない方がいいですが。

2008年11月25日 (火)

ファジアーノ岡山にも勝ってほしいが

 JFLも最終節を残すだけになりました。J2への昇格条件であるリーグ4位以内の条件をすでに栃木SCとカターレ富山が手に入れました。すでに優勝はアマチュアサッカー界の王者Honda FCが決めているため、残りの切符は一枚。それを準加盟のファジアーノ岡山とガイナーレ鳥取が争います。
 現在岡山と鳥取の勝ち点差はわずかに2点。岡山が4位を確保するためには次の試合に勝利することが一番ですが、次のような可能性があります。

 岡山 勝ち  → 岡山4位確保
 岡山 引分 + 鳥取 負け → 岡山4位確保
 岡山 引分 + 鳥取 引分 → 岡山4位確保
 岡山 負け + 鳥取 負け → 岡山4位確保
 岡山 負け + 鳥取 引分 → 岡山4位確保
 岡山 引分 + 鳥取 勝ち → 鳥取4位確保
 岡山 負け + 鳥取 勝ち → 鳥取4位確保

 つまり、岡山は自力で4位以上を確保するためには次の試合に勝つしかありません。引き分け狙いでは危険があります。
 ところが、最終節の対戦相手はこともあろうにカターレ富山とのアウエイゲームです。すでに昇格条件を確保しており、富山では地域のケーブルテレビの中継に加え、NHK富山・岡山放送局共同制作での総合テレビ生中継も決定しました。最終ゲームはかなり盛り上がるはずで、カターレとしては来季の集客アピールのためにも負けられません。岡山にしてみれば、かなり厳しいカードを残しているといえます。
 一方、ガイナーレは流通経済大学との対戦です。このチームはリーグ6位でありこちらも優しい相手ではありません。
 数日前、JFLの話題をこのブログに掲載したところ、岡山県から多数のアクセスがありました。岡山の人に愛されているチームであることが伺えます。鳥取のチームが全国で戦うのも是非みたいですね。できれば両方にJに進んでほしい。でもそれはできません。ぜひ悔いなきようがんばってほしいと思います。
 運命の一日は11月30日。富山対岡山 13:00 富山総合運動公園、流経大対鳥取 13:00 龍ヶ崎市陸上競技場、です。

連休明け

 勤労感謝の日とその振替休日も終わり、いよいよ年末に向けて忙しい毎日が始まります。忙しい時の方がいいアイデアが生まれることが多いのも確か。毎日を大事にしていきたいです。

2008年11月23日 (日)

カターレ富山昇格条件獲得

 JFLでJ2への昇格を目指しているカターレ富山は今日の試合に勝ってリーグ4位以上を確保しました。これで来季からのJリーグ参戦はほぼ間違いありません。
 これからの関心は地域のチームがどうやって採算をクリアしてゆくかです。地域の人に愛されるチーム作りをしなければなりません。富山県人の財布の紐は固いですから。

2008年11月22日 (土)

リバイバル

 最近昔流行った曲がカバーされて歌われているようです。よく耳にします。懐メロとしてではなく、新しい感覚で聴かれているようです。
 私が子どもの頃に流行っていた歌が多く、ちょっと複雑な気持ちになります。

2008年11月20日 (木)

夜の紅葉

夜の紅葉
 今日はかなり冷え込みました。朝などはコートがほしくなるほどでした。
 職場からの帰り、街頭に紅葉が浮かびあがっていました。夜桜と美しさは変わらないと思いますが、やはりこれから冬を迎えるとあっては風流とはいっていられないのでしょう。皆足早に通り過ぎてゆきます。

2008年11月19日 (水)

携帯電話業界の行く末

 様々な割引、無料化による携帯電話各社の顧客獲得競争の果てに、最近は一部サービスの有料化が報じられています。やっぱり相当な無理をしているのだろうと察します。純増数1位を続けているソフトバンクは、このところ右肩下がりでまもなくイー・モバイルにその地位を明け渡しそうです。
 既得のシェアはNTTドコモが51%、auが29%、ソフトバンクモバイル19%なのに対してイー・モバイルはわずか1%。シェア獲得のために無理をしていることが伺えます。
 利用者の立場からすれば安く質の高いサービスが受けられればいいのですが、どうもこの業界には危うさを感じるのです。私だけでしょうか。各社が独自のサービスや技術を競い合い、全体で発展できればいいですが、互いにつぶしあって外国の会社に吸収されるというようなシナリオにならないようにしてほしいと思うのです。

2008年11月18日 (火)

花屋の店先にて

花屋の店先にて
 犬のオブジェか印象的な花屋でした。これから冷え込むようです。

2008年11月17日 (月)

ひょっとして富山にJリーグチーム来年誕生!

 JFLは実業団のサッカーリーグの最高峰です。今年は早々とHonda FCが優勝を決めていますが、そのあとの順位に注目したいと思います。2位は栃木SC、3位はカターレ富山、4位はファジアーノ岡山、そして5位はガイナーレ鳥取です。実はこれらのチームはJリーグの準加盟チームなのです。準加盟チームは原則としてJFLで4位以内に入り、経営力などの審査によってリーグ事務局から認可されればJ2に昇格できるのです。
 現在J2は15チーム。奇数チームによるリーグという変則性を解消するために、ひょっとしたら3チーム同時昇格もあるかもしれません。2006年3月に発表されたJリーグ将来構想委員会の第1回報告ではJ2のクラブ数を最終的には22チーム以上にすることを目標にし、2010年までに18チーム以上にしたいとしています。条件はすべてそろっています。
 わたしが応援するカターレ富山はもともとYKKと北陸電力という地元の有力チームが合併してできたチームであり、実力的には相当なものがあると期待していました。ここ数試合では負けはなく、好調を維持すれば来年の昇格も考えられます。

 1 Honda 勝点70 得失差37
 2 栃木      61    28
 3 富山      58    24
 4 岡山      58    20
 5 鳥取      54    18

 残り試合は2試合。次節はMIOびわこ草津戦でこれに勝てば4位以内は確定、最終試合はライバルとなる岡山戦です。次節は栃木対岡山戦もあり、場合によっては2位を目指すことも十分に可能です。草津戦は前期において5-1の大差で勝っており、勝利の皮算用は大いに立ちます。楽しみです。

2008年11月16日 (日)

アジアシリーズには勝ったが

 埼玉西武ライオンズがアジアシリーズで優勝しました。しかし予選リーグでは韓国のSKに破れ決勝の台湾の統一とも接戦でした。全試合日本のホームゲームであることを考えれば、辛勝であり、日本、台湾、韓国の実力差はほとんどないといってよいでしょう。もう日本シリーズ後のおまけという位置付けでは勝てません。オリンピックでの敗退も考えると、アジア王者は来年以降いくらでも変わりうるでしょう。
 野球という競技が国際化という点において困難な状況にあるいま、アジアの国々が切磋琢磨することが必要です。中国を含めた出場国の選手が日本のリーグで活躍する場面が見たいし、日本の選手も彼の国にもっと出ていって修行を積んでもらいたいです。
 アジアシリーズの日本代表に台韓中の選手が含まれていたり、外国チームの中に日本人選手が含まれるような時代が早く来てほしいと思います。

生徒演劇の題材

 仕事で高校演劇を観る機会がありました。何校かの演目は生徒による創作でしたが、なかなかよくできていて感心しました。
 気になったのは創作劇の内容がいずれも自分の悩みをもとにしていることでした。いじめや孤独、親との隔絶、表現できない本当の自分があることの苦しみなどです。
 生徒にとって演劇は苦しみや悩みの表現手段なのかもしれません。もちろん、実際の舞台はそれだけではありません。若さ溢れるダイナミックな動きや、斬新な世界観など見るべきものがたくさんあります。一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

2008年11月15日 (土)

死生観を教える

 授業で鷲田清一氏の「死なないでいる理由」などの一連の死生観を扱った文章を読ませています。人はなぜ人を殺してはいけないのかと生徒に尋ねて、自由に答えさせたところ、人を殺す権利がないからとか、世間が許さないからとか、後始末が大変だからといった答えがありました。
 中学生にとって殺人は現実性のない出来事かもしれません。しかし、少年犯罪が多発し、狂暴化している現状では、殺人の意味を確認させる必要がありそうです。
 人を殺すことが悪であるという文化は人類が形成した知恵であり、守る意識がなければ保たれないものというのが一つの見識のようです。ただ、これにはいろいろな考え方があることも生徒に伝えたいことです。

2008年11月13日 (木)

住宅地の爆薬庫

 昨日、渋谷区神宮前で起きた火災では映画の特殊効果に用いる爆薬が保管されている倉庫が燃えたことにより大きな被害が出ました。このあたりは住宅の密集地であり、そのなかに火薬が大量に保管されていたこと自体が驚きです。そういえばこの町には、毒蛇をマンションの一室で大量に飼っていた人もいました。都会の真ん中にいろいろな人が住んでいることを実感しますが、くれぐれも常識の範囲内で生活をしていただきたいものと思います。

2008年11月12日 (水)

端に座るか

 電車などに乗った時、どの位置の席に座るのか考えてみました。私はいつも端に座ります。混雑の度合いに関係ありません。心理学的にはどのような説明ができるのでしょうか。

2008年11月11日 (火)

クリスマスセール

クリスマスセール
 近所の商店街は今月からクリスマスセールに入りました。先月まではハロウィンの南瓜がディスプレイされていたのが、あっさりと変わりました。

2008年11月10日 (月)

消えないメモリ

 ITmediaエンタープライズが配信したニュース「データは消えない――メモリカードやUSBメモリに潜む落とし穴 」はお読みになりましたでしょうか。便利な記憶媒体として急速に普及しているUSBメモリは実は一度保存すると二度と消せない仕組みになっているらしいのです。削除をしてもメモリ自体は消えているのではなく、普通のソフトでは見えなくなっているだけのことらしい。特定の操作をすれば消したはずのデータが丸見えになるというのだから驚きです。
 データを消去するには長い時間をかけて媒体全体に別のデータを上書きするか、物理的に消去(破壊)するしかないようです。これは他の記憶媒体でも共通することらしく、意外な落とし穴といえます。私は別にやましいデータを保存しているわけではありませんが、それにしてもほんのの数センチのメディアが情報漏洩のきっかけになる危険性があることを思うと心配です。

2008年11月 7日 (金)

朝日ジャーナルの頃

 学生の頃、朝日ジャーナルを読んでいることが一種のステータスのように感じていました。左翼誌のように考える人もいましたが、内容は若者向けな少し硬派な雑誌の域のものでした。
 活字世代の拠り所の一つでしたが、廃刊の結末に至ったのも仕方ありません。その時でもすでにそうでしたが、活字離れと社会に対する無関心が進んでしまったのですから。
 かつてこの雑誌の編集長であった筑紫哲也氏が亡くなられたとのこと。また一つ歴史のコマが動いた気がします。

2008年11月 6日 (木)

長靴

 この冬はヒールが低いブーツが流行しています。とても歩きやすそうですし、あれなら雪が降っても大丈夫でしょう。
 私はこのブーツを見ると魚津に住んでいた頃を思いだします。ある程度雪が積もった日は長靴をはくのですが、それが今年のブーツによく似ています。
 年に数回でしたが、雪に埋もれた車を掘り起こし、ようやくエンジンがかけられると思ったら、今度は公道までの雪かきが必要と分かり慌てたことを覚えています。そんな時は長靴を履いたまま運転をしました。
 東京を歩くブーツのご婦人方はこんな経験はないでしょう。

2008年11月 5日 (水)

多角的な世界観を

 アメリカ大統領が決まったようです。オバマ氏は初の黒人大統領ということでも注目されていますが、金融破綻という困難な状況からの政権スタートは前途多難を予感します。
 世界がアメリカを中心に動いていると考える人は多いと思いますが、それではうまくいかない事態が出来することは今回の世界同時不況でよく分かりました。
 私たちはいろいろなものの見方をし、単一的な考え方を避けなくてはなりません。

2008年11月 4日 (火)

ミュージシャンの破滅

 ヒットメーカーの小室哲哉が多額の詐欺事件で逮捕されたのは大変残念です。夢を売る仕事の人はその夢を買った人を裏切ってはなりません。
 おそらく音楽より金が好きになってしまったのでしょう。本当に残念です。

2008年11月 3日 (月)

節約の知恵

 世の中不景気になると倹約が貴ばれるようになります。世界的な金融不安で先行きが見えない現状では、とりあえず無駄遣いをしないことが考えられるようです。読売新聞のおまけ雑誌YOMY11月号は節約の特集記事があります。様々な工夫によって節約は可能であるというものです。なかにはスーパーに行く時には1万円札を持って行かないといったものもありなかなかおもしろいものです。節約は普段から必要なことですが、精神の豊かさは保ち単なるけちにならないようにしたいものです。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック