おすすめの本

無料ブログはココログ

« 試験当日の励まし方 | トップページ | 立春 »

2009年2月 3日 (火)

国技の壁

 元柔道の石井慧選手がアメリカの総合格闘技団体への所属を希望しています。北京オリンピックで金メダルを取ったにもかかわらず、破天荒な挙動と発言によって柔道引退も関係者から引き止められることがなかったようです。
 横綱朝青竜はカムバック優勝を達成したものの、優勝決定後のガッツポーズが不適切だということで非難を浴びました。品格のない横綱というレッテルはなかなか消えそうもありません。柔道も相撲もいずれも国技といわれるもので、柔道のように国際スポーツ化しても勝ち負け以外の精神論が取りざたされるものです。
 勝てばいいというのではなく、負けるにも美しい負け方ならば評価されるのが国技の世界、これは文化の核にふれる部分です。外国人にはもちろん、日本で生活している若い世代にもこうした美学を説明していかなくてはならないようです。
 そうでなければ国技という言い方をやめて勝ち負けのみにこだわるスポーツの一種と考えるようにするか、国際化を断念して狭い世界の中で完結する「芸能」にするしかないでしょう。この問題は外国人が今後大量に移民してくることが考えられる日本にとってはとても大切な問題でしょう。

« 試験当日の励まし方 | トップページ | 立春 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/43945364

この記事へのトラックバック一覧です: 国技の壁:

« 試験当日の励まし方 | トップページ | 立春 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック