おすすめの本

無料ブログはココログ

« 雨が降ったら電車が遅れる | トップページ | 3月に »

2009年2月27日 (金)

不安の時代か乙女心か

 中学1年生の国語の授業で、ある絵を物語の一場面と考えて文章を書くという課題を出しました。多くの生徒は童話のようなタッチのさしさわりのないストーリーを書いたのですが、中には気になる内容もありました。40人中10名前後の生徒が死や病をテーマにしていたのです。文章中で登場人物が殺害されるものや、死後霊となった主人公が生前の出来事を語るというものもありました。また重病に苦しむというストーリーも印象的でした。
 これは最近のドラマや漫画の影響、あるいは思春期独特の不安心理の表れと考えることもできますが、どこかに昨今の社会不安の反映のような気がしてなりません。繰り返される凶悪犯罪、自殺、経済的な諸問題など生徒を取り巻く環境がこのような話を書かせるのではないかと思うのです。
 さて私ならどう書くか。例えばこのブログの中でとりあげている話題などは実は私の今の心の状態を映し出しているともいえるようです。

« 雨が降ったら電車が遅れる | トップページ | 3月に »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/44192309

この記事へのトラックバック一覧です: 不安の時代か乙女心か:

« 雨が降ったら電車が遅れる | トップページ | 3月に »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック