おすすめの本

無料ブログはココログ

« 上野公園夜桜 | トップページ | 頑張れ工藤公康投手 »

2009年4月 8日 (水)

ロックの流れる阿修羅展

 昨晩、現在東京国立博物館平成館で開催されている「国宝阿修羅展」に行ってきました。興福寺創建1300年記念の展示です。実は「阿修羅ファンクラブ」なる不思議な企画の観覧券を使って入場しました。通常の開館時間は午後6時までですが、それ以降はこのファンクラブ会員のみが入場できるということで入場者が限定されており、その分ゆっくりと観ることができました。
 この展示の主人公である阿修羅像の表情は非常に人間的であり、簡略化された造形でありながら心理のゆれ動きを見事に表現していました。三つの顔の表情もそれぞれ特徴的でした。また背面もガラスケースなしで観ることができたのには感激しました。八部衆や十大弟子像なども間近に見ることができたのは貴重な経験でした。
 音声ガイドにはこの企画の仕掛け人であるみうらじゅん氏や高見沢俊彦氏の案内まであり、その方面でも楽しめました。ロックの音楽が流れる国立博物館とはミスマッチの極地ですが、なかなかいいものでした。

« 上野公園夜桜 | トップページ | 頑張れ工藤公康投手 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/44603520

この記事へのトラックバック一覧です: ロックの流れる阿修羅展:

« 上野公園夜桜 | トップページ | 頑張れ工藤公康投手 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック