おすすめの本

無料ブログはココログ

« 国政選挙 清濁併せ呑む必要があるか | トップページ | 諸行無常はいいにくい »

2009年4月14日 (火)

漢検協会、今年の一字は「減」か

 漢字検定協会は理事の不適切な資金運用が明るみに出てからすっかり信用を失ってしまいました。私も学校でこの検定を積極的に勧めることはできません。受検料の値下げが報道されながらも、結局はそのまま。協会では値下げの額は後日返金するといいますが、一度預かって資産運用にまわすのではと、あらぬ疑いまでしてしまいます(そこまではしないでしょうが)。
 漢字学習の意味は不変だと思います。音韻数が少ない日本語にとって漢字は不可欠。コンピュータや携帯電話による文字コミュニケーションが増えている現代だからこそ、漢字学習には意味があります。
 漢字検定協会といえば、今年の一字を発表することが恒例になっています。今年の一字は受検者減少が予想されるので「減」でしょうかね。

« 国政選挙 清濁併せ呑む必要があるか | トップページ | 諸行無常はいいにくい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/44669491

この記事へのトラックバック一覧です: 漢検協会、今年の一字は「減」か:

« 国政選挙 清濁併せ呑む必要があるか | トップページ | 諸行無常はいいにくい »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック