おすすめの本

無料ブログはココログ

« インフルエンザ患者へのバッシングはウイルスより凶悪 | トップページ | 江ノ島散歩 »

2009年5月23日 (土)

問題なのは世襲ではないのでは

 政治家の世襲をめぐって、これを制限しようという動きがあります。とりわけ注目されているのが小泉元首相が息子の信次郎氏を自分の後任として選挙に出馬させるという一件です。さてこの議論はいったいどこに根源があるのでしょうか。まずは小泉純一郎氏がほんとうのチルドレン(チャイルドか)を国会に送り込み政局に影響力を残すということに対する危惧があるのかもしれません。これが実は一番の理由ではないでしょうか。国民に圧倒的な人気のある小泉氏が今後も忘れられずにいることは、他の自民党議員にはやりにくいことでしょうから。

 政局の固定化を憂うのはもちろん正論だと思います。しかし、それよりも2世3世議員の犯す失策があまりにも多いことは確かに気になります。無の状態から選挙戦を勝ち抜き、議員になるのは確かに大変でしょう。親の(祖父の)七光りがあれば、スタートの時点から有利であることは間違いありません。そこに資質不足の議員が誕生する危険性もはらんでいることになります。

 私は議員の世襲自体が問題だとは思いません。むしろ、実績もない息子(娘)たちを選んでしまう国民の方に意識改革が必要だと思うのです。これからますます厳しくなる日本の舵取りをまかせる議員は能力本意で選ぶべきでしょう。世襲論議はこのことを私たちに考えさせるいい機会だと思います。

« インフルエンザ患者へのバッシングはウイルスより凶悪 | トップページ | 江ノ島散歩 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/45101262

この記事へのトラックバック一覧です: 問題なのは世襲ではないのでは:

« インフルエンザ患者へのバッシングはウイルスより凶悪 | トップページ | 江ノ島散歩 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック