おすすめの本

無料ブログはココログ

« つくし野のつくし | トップページ | 問題なのは世襲ではないのでは »

2009年5月22日 (金)

インフルエンザ患者へのバッシングはウイルスより凶悪

 国内での新型インフルエンザの感染が問題になっています。ある専門家の話では、この流行は今秋から本格化し、国民のほとんどが罹患するということです。今のところ弱毒性であり、高熱を発症しても回復も早いとのことですから過度の心配は無用です。しかし、高齢者やすでに疾患をもっている方にとっては重症化する危険性のあるものであることには注意しなくてはいけません。

 さて、インフルエンザ罹患者に対する嫌がらせがあるとのニュースがあります。ネットでの中傷や恐喝・犯行予告まがいの書き込みは数多く見ることができます。こうした心無い行為が日本で行われていること自体、残念です。人権問題で他国を非難する資格は日本人にはないと思ってしまうのです。

 倫理的な問題だけではなく、こうした誹謗中傷が続けば、罹患してもそれを公表することがしにくくなります。病気そのものより、心無いしかも顔のない攻撃のほうがはるかに怖いからです。罹患者が病気を隠してしまうことは、結果的にウイルスの蔓延を手助けすることになることを考えなくてはなりません。

 もうこのインフルエンザは防げないのです。たとえいま防いでもいつかは侵入してきます。これがグローバルな時代の宿命なのですから。

« つくし野のつくし | トップページ | 問題なのは世襲ではないのでは »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/45094909

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ患者へのバッシングはウイルスより凶悪:

« つくし野のつくし | トップページ | 問題なのは世襲ではないのでは »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック