おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

スタジアム建設は簡単ではない

 町田市にとって決断の時が近づいています。FC町田ゼルビアが予想以上に健闘し、もしかしたら今年中に昇格条件のJFL4位以上を達成するかもしれないということです。Jリーグ昇格条件には成績のほか、設備面での規準を満たす必要がありますがこれには10,000席以上の観客席と照明設備、クラブハウスなどの要素があります。現在の町田市陸上競技場はまったく規準を満たしていません。町田市はすでに改修に対して10億円余の予算を計上しているようですが、実はこのうちの65,100万円は市債からの供出です。つまり借金です。さらに維持費として年間5,500円程度が掛かると試算されており(以上、市議会録などによる)、とてもお高い買い物であることになります。

 市議会では野党側がこの予算計上が市長のトップダウンによる決定であり、議会での議論が尽くされていないことや周辺住民へのアセスメントも不十分であると指摘しています。一部団体からも、改修について慎重であってほしいという請願がでており、その根拠としては野津田公園付近の自然環境に対する影響などが挙げられています。このあたりは町田でも雑木林が多く、東京であることを忘れさせる趣があります。確かに無配慮に開発をすると現在のよさを失う可能性があります。

 財政負担の問題に関しては市に頑張ってもらうしかありませんが、市税にだけ頼るのではなく、積極的に寄付を募ることも必要でしょう。ネーミングライツなども検討すべきです。また市民に愛される競技場にするためにも、環境に配慮した設計を期待します。太陽光発電や野生動物との共生などの環境対策へのアピールも必要でしょう。

選手やクラブに集まる子供たちの笑顔の拠点として町田市立陸上競技場は生まれ変わる必要があります。

2009年7月29日 (水)

アイミーヴ4,599,000円也

 三菱自動車のディーラーからエコカーフェアのチラシが届きました。いわゆるエコカー減税の追い風が吹く中、ハイブリッド車は生産が追いつかないほど売れているようですが、他の車は苦戦しているようです。三菱といえばハイブリッドを飛び越えて電気自動車開発のフロンティアですが、ついにそれが一般の消費者向けのチラシにも価格つきで掲載されるようになったのです。

 iMiEVは軽自動車のiに電気モーターを積んだEVですが、いちはやく消費者向けに販売を始めました。チラシによると4,599,000円。ここまで9を並べるとかえってその価格の高さが際立ちます。よほどのマニアでないといまのところは手が出ません。エコカー減税で取得税と重量税が無料になるという特典がついたとしてもちょっと無理です。せめてプリウスなみの価格で、できればインサイトくらいの値段になってほしいと思います。同じチラシに載っているコルトやトッポなどが100万を切る車両価格であるのと比べるとその差が際だちます。

 ちなみに今注文しても納車は来年4月以降だそうです。

2009年7月28日 (火)

瑞兆? 境川でカワセミをみた

 私のジョギングコースの境川べりのサイクリングロードを今日も走っていたところ、町田市立鶴間小学校の前のあたりの川面にカワセミの姿を見ました。瑠璃色の飛影が水面近くを飛んでいるのを確かに見たのです。

 カワセミは町田市の鳥。とはいってもそんなにいるものではないと思っていました。ところが、今日はじめて直接みることができたのです。

 FC町田ゼルビアは市の木のケヤキ(ゼルコバ)と市の花サルビアを組み合わせた造語を愛称にしています。そしてマスコットは市の鳥カワセミをモチーフにしています。現れたカワセミを見て勝利の瑞兆と考えるのは私だけでしょうか。次節は8月2日(日)14時、ホームでMIOびわこ草津と対戦します。

民主党マニフェストの甘い誘惑

 民主党のマニフェストが発表されました。子育てを中心に厚い補助を行うようで内容的にも魅力的です。ただ多くの批判があるように財源に関しての不安は拭えません。また、当然削減されるものもあるはずですが、それが分かりにくい。
 後世に借金や人的な負担を残さないのが大切なら、このあたりの説明をしっかりしてほしいものです。
 同じ日に自民党のマニフェストはどうして出ないのでしょうか。これでは後だしじゃんけんのようで印象が悪いです。双方のコマを見せ合ってこそ議論が見えてくるというものです。

2009年7月27日 (月)

雷雨の気配

 今日の関東南部は雷雨がありそうです。午前中は青空が見えていましたが、昼過ぎから雲が覆い始めました。レーダーによると西の方に南北に連なる雨雲の列があり、次第に近づいています。帰りには雨に打たれる覚悟が要りそうです。

2009年7月26日 (日)

ゼルビア4連勝で後期負けなし

 昨日行われたFC町田ゼルビア対Honda FCはアウェイであるにもかかわらず、3対0の大勝でした。これで4連勝。後期に入って全勝です。ライバルチームたちも勝ったため、順位は1つしかあがらず10位。4位のガイナーレまでの勝ち点差4もそのままです。いまはとにかく負けないことが大切です。次節はホームで9位のMIOびわこ草津と対戦します。勝てば必ず順位が上がる試合です。前期はアウェイで勝利しています。

2009年7月24日 (金)

豪雨のあとに

豪雨のあとに
 先ほどまでもの凄い雨が降っていたのですが、いまはうって変わって眩しい太陽が輝いています。今年もこの季節になりました。以前ご紹介した東京アメッシュを見る機会が増えそうです。

2009年7月22日 (水)

復習都議選町田選挙区

 712日に行われた東京都議選から10日経ちました。民主党の躍進がついに衆議院解散をもたらしました。今は国政選挙の行く末が報道されていますが、その前にわが町田選挙区の結果と、選挙公報に書かれた内容を復習しておきたいと思います。

 では得票順に、票数と広報に書かれた公約を、

①今村路加氏(民主・現)2期目 75,282

 モノづくりから人・夢づくり!! 

 チルドレンファースト・子育ち・教育に全力!!

 人を活かす社会を活かす子育て支援・介護・福祉サービスの充実!!

 進めるまちと心の100%バリアフリー。平和・国際交友の象徴都市に!!

 「新銀行」より救急医療対策、「オリンピック」より中小企業対策を!!

②小磯義彦氏(公明・現)3期目 40,362

 「いつでも」「だれでも」の救急医療体制を整備

 特別養護老人ホームの増床

 保育所の増設

 中小企業支援と正規雇用の拡大

 都市農業の維持・活性化を推進

③吉原修氏(自民・現)3期目 36,969

 仕事に子育てに頑張るママとパパが安心して子どもを産み育てられる環境を作ります。

 誰もがいつまでも仕事を続けられ、安心して生活できる環境をつくります。

 オリンピックを招致し、観光・農産業・文化スポーツを育て「町田ブランド」をつくります。

 「ご近所さん」を大切に地域力あふれる町内会・自治会を支援します。

 学校と地域の連携を進め、文化・スポーツ団体で活躍されている皆さんを講師に招くなど市民による「顔が見える」教育環境をつくります。

 市内医療体制の強化に向けて、救急医療及び搬送体制の拡充、地域医療体制の連携強化。安全な暮らしを守るため、警察力の市内適正配置に向け警察拠点をつくります。又、介護施設・人材の充実に向け、定着支援策をつくります。

 人、モノ・情報が町田を中心に集積する環境をつくります。

 街路樹整備と植樹帯の充実を進め歩道の広い道路整備等、人に優しい事業を展開します。

 又、モノレールや小田急多摩線の延伸等を進めます。

 現職3人が再選された今回の選挙ですが、広報を見る限り、最も具体的な政策を展開しているのは吉原氏であり、3氏に共通するのは子育てに対する支援、福祉施設の充実など。逆に対立するものとしては、東京オリンピックに対する考え方があります。

 さて、本当にこの公約を実現できるのか。小磯氏は「必ず実現させます!」と見出しをつけています。選ばれたからにはぜひしっかりと活躍していただきたいと思います。 

2009年7月21日 (火)

河口湖

河口湖
 仕事で河口湖に来ています。天候は曇り。少し肌寒く感じるほどです。このあたりは河口湖でも奥まったところにあるのでとても静かです。釣り人を乗せたボートが浮かんでいました。

2009年7月20日 (月)

バスで寝るには

 仕事で夏はバスに乗る機会が増えます。バス乗車中は貴重な休憩時間ですが、リクライニングには限界があり、後方の乗客への迷惑も考えるとますます動かせません。そこで、私はあえてシートベルトをきつく締めて体を固定することにしています。その時、頭の位置を固定することが大切です。実際にはこれが大変です。空気枕などを使えばいいのでしょうが、周囲の目も多少気になります。皆さんは何か工夫していますか。

2009年7月19日 (日)

ゼルビア3連勝

 ホームでガイナーレ鳥取を迎えた今日の試合も、ゼルビアは勝利しました。これで3連勝。順位を一つ上げて10位になり、昇格圏の4位のガイナーレまで勝点差は4になりました。次節はアウェイでHonda FCと対戦します。これからはとにかく負けないことが大切になってきました。準加盟チームはどこも気合が入ってきたようで、この先油断できません。8月9日のアウェイでV・ファーレン長崎戦、10月17日のホーム(といっても町田ではありませんが)の横河武蔵野FC戦、11月15日のSAGAWA SHIGA FC 戦、そして最終試合の11月29日のアウェイのニューウェーブ北九州戦あたりが見所になりそうです。もっともそのほかの試合も絶対に落とせないのですが。

 今年中に昇格を決めるとは正直言って考えていませんでしたが、ひょっとすると何とかなるのではという気がしてきました。不景気の中、Jリーグもその影響を受けています。J2拡張策のでている今のうちに昇格を決めておくことが大切だと思うのですが。この先の展開を楽しみにしています。

2009年7月18日 (土)

日食を見るなら

 来週の水曜日に奄美で皆既日食があります。東京でも7割以上がかける部分食が見られるとのこと。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。
 強烈な直射日光を見るのは危険です。代わりに推奨されているのが、投影法というやり方です。ピンホールを作るとそこを通過する日光は反転しながら進みます。途中をスクリーンで遮ればそこに太陽の形が浮かび上がることになります。この映像をみる限り、目を痛めることはないはずという訳です。
 本番の前に試してみてはいかがでしょうか。

2009年7月16日 (木)

がんばれハウステンボス

 佐世保のハウステンボスの経営上の危機が深刻化しています。ほとんどのテーマパークが同様の状況にあると聞きます。
 レジャー施設の大半は類型的な内容であり、刹那的な興味を引いたとしてもリピーターを獲得できません。個人的にはハウステンボスは季節ごとに見所がありなんどでも行きたい所だと思います。
 スポーツ施設などの併設や内外の映画やドラマのロケ地としての誘致などもっと活発にやってはいかがでしょうか。
 奮闘を期待します。

2009年7月15日 (水)

大井町線が溝の口まで伸びて

大井町線が溝の口まで伸びて
 大井町線が溝の口駅まで延伸されました。カラフルな車両が新設されたホームに到着しています。人の流れがかわり、朝の混雑が少なくとも溝の口駅では残念ながら悪化しています。
 原因は田園都市線上り方面で、朝のラッシュアワーに大井町線に乗り換える人が増えたことにあります。乗り換える時に座席を求めて並ぶ人が多数いてホームが混雑するのです。来た電車に順次乗ればホームの混雑は緩和されるはずですが、規制することはできません。
 実は同じことが長津田駅でも起きています。こちらは急行に乗り換える際に発生しているのです。人の流れはよく研究しなくては分からないものです。

2009年7月14日 (火)

梅雨明け

 関東地方も梅雨明けしたとのことです。ただ今年の梅雨明けはさほどはっきりとしたものではないようで梅雨明け十日はなさそうです。ほどよい暑さの夏になってほしいですね。

2009年7月13日 (月)

声の若さ

 気づいてみれば、自分の声がどんどん老いています。歌を歌うにもかつては届いていた高音部が全く出ません。
 先日、永井一郎さんのエッセイを読みましたが、声優は自分の声が変わらないように様々な努力をしているとか。永井さんのような老け役の声優は、逆に若返る努力が求められることになるのです。
 体型の維持も声の維持も怠っている私にとって、耳の痛い話です。

2009年7月12日 (日)

ゼルビア連勝

 FC町田ゼルビアは今日のアウェイの試合にも勝って連勝しました。前半はリードされていたらしく、少々はらはらしましたが、後半に得点を重ね大差の勝利でした。

 次の日曜日にはホームでガイナーレ鳥取を迎えます。準加盟チームで今年度昇格の可能性の高いチームだけにここで倒して少しでも勝ち点を近づけておく必要があります。J2昇格の条件はJFL4位以上ですが、この中にはガイナーレのほかニューウエーブ北九州もいます。4位までの勝ち点差は6。そろそろ一勝の重みが感じられる時期になりました。

 奇跡を信じています。

2009年7月10日 (金)

たそがれ

たそがれ
 仕事が長引いて7時を過ぎて職場を出たのですが、さすがにこの時期だけあってまだ明るいのです。西の空には紫色の雲。思わず携帯電話のカメラを起動しました。
 梅雨開けまでにはまだ間がありそうですが、なんとなく季節のうつろいを感じました。

2009年7月 9日 (木)

懐中時計にすると

 最近、とても蒸し暑いので腕時計を外して懐中時計をポケットに入れて歩いています。すると思わぬ変化がありました。
 それは時間を気にすることが減ったことです。時計を見る回数が減るとなぜかいつもと時間の流れ方が変わったように感じられるから不思議です。

2009年7月 8日 (水)

餌をあげないで

餌をあげないで
 憤慨しているようです。正しくは「餌をやらないで」だとは思いますが。

ビニール傘のリサイクル

 雨が降るたび大量に使い捨てられるビニール傘は、いかにも資源の無駄遣いです。しかも路傍に捨てられた破れ傘は金属部品もあって危険です。
 モラルとマナーに訴える必要があるのはもちろんですが、そもそも傘自体がワンウェイで作られていることに問題があります。
 壊れても修理しやすい構造にすることや再利用の方法を普及させるなどの工夫が必要だと思います。

2009年7月 7日 (火)

東京アメッシュ

 日本気象協会の提供する携帯サイトの東京雨模様がより鮮明な画像である東京アメッシュとなりました。降雨の情報がリアルタイムで分かるため、大変便利です。無料で使えます。
 ウェザーインフォメーションの10分天気予報という参加型天気予報も面白い試みです。
 昨年はいわゆるゲリラ豪雨が様々な被害をもたらしました。今年もそろそろその季節です。気象サイトを見る機会が多くなりそうです。

2009年7月 6日 (月)

南町田駅に交番を

 町田市鶴間地域は人口急増中にも関わらず交番がありません。自警パトロールも行われていますが、限界があります。ぜひ駅前に交番がほしいと思います。いま北口は道路の改良のため変わりつつあります。この中に交番建設も盛り込んで頂きたい。
 実はこうした請願は地域住民からかなり以前から出ていますが、なかなか実現していないのです。市議会、都議会の議員のご尽力に期待します。

羽蟻の日

 朝、家を出ると足元に数匹の羽蟻がうごめいていました。よく見ると他にもたくさんいます。羽蟻の飛ぶ日は毎年あります。生命の営みは不思議なものです。

2009年7月 5日 (日)

あざみ

あざみ
 梅雨空の中で空き地の雑草は日々勢いをましています。とりわけ大きなあざみが夏のエネルギーを招き寄せているかのように感じられます。

2009年7月 4日 (土)

電気自動車タクシーに期待

 富士タクシーが三菱のアイミーブを営業用に採用することを決めたようです。電気自動車は走行時の二酸化炭素排出がなく、環境問題に対応する乗り物として注目されています。しかし、今のところ価格が高く、充電設備も十分ではないため、一般人には手が出ません。
 タクシーに電気自動車が採用されたならば、その社会的な認知は上がり、設備面での充実が期待できるほか、車両価格の廉価化や、機能の検証と向上も果たせることでしょう。
 また、何よりも乗り心地を体験できることが魅力です。他の会社も追随してほしいと思います。メーカーもモニター顧客として大切にするべきでしょう。

2009年7月 2日 (木)

国立メディア芸術総合センターはいらない

 麻生政権の置き土産となりそうな国立メディア芸術総合センターの建設計画が話題になっています。117億円とも言われる建設費が今の時勢にあっていないのはもちろんのこと。万が一完成したあかつきには相応の維持費も必要です。
 そもそも漫画やアニメーションは公的機関の管理下になかったからこそ発展したのであり、役人の出る幕はないのではありませんか。いたずらに国策にからめとられることによって、メディア芸術なるものの生命力が損なわれないか心配です。

2009年7月 1日 (水)

都議会選挙は別の基準で

 都議会選挙が近づき、候補者が街頭演説する姿がよく見られるようになりました。国政選挙も近いようで、その影響もかなりあることでしょう。
 ただ私は都議会議員は政党ではなく、公約で選びたいと考えています。居住地域の実情をよく知り、それの対応策を明確に示している候補者に票を投じます。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック