おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

台風接近

 8月最後の日というのに台風接近で大荒れになりそうです。雨風が強くなる前に帰ってよいとの上司の命を今日ばかりは忠実に守りました。

2009年8月29日 (土)

久しぶりのジョギング

 久しぶりに私のジョギングコースである境川べりのサイクリングロードを走りました。今日はぶり返した残暑で条件は悪かったのですが、約5.5キロをゆっくりと走れました。

 さて今日は川の仲間たちもたくさんいました。水中にはいつものようにたくさんの鯉。10羽くらいの鴨の固まり、浅瀬をちょこちょこ歩くセキレイ、それよりも少し深いところを抜き足差し足で魚を狙う鷺、別の淵では亀がゆっくり泳いでいました。そして、今日も見つけました。わが町田市の鳥、ゼルビー君のともだち(FC町田ゼルビアのマスコットのゼルビー君はカワセミです)。一羽でしたが川面に近い枝に止まっていました。

 カワセミを上からみれば、ゼルビアのユニホームがこの鳥の模様をモデルにしたことがよく分かります。そういえばフットサルのペスカドーラもカワセミに関係する名前ですが、ユニホームの黄色はカワセミのおなかの色なのでしょうか。縞模様はありませんが。

 このあたり両岸に金網が張られ、中に入れないのですがそれがかえって野鳥たちにとっては安心できる空間になっているようです。

 私にとってのジョギングは血の巡りをよくするためのものらしく、普通の仕事では疲労がたまって仕方がないのに、走ることによってかえって心身ともに回復するのです。もっとも鳥など見ながらゆっくり走っているからなのかもしれませんが。

2009年8月28日 (金)

あきらめていないゼルビア

 今シーズン中のJリーグ昇格に最後のふんばりが必要なFC町田ゼルビアが、この時期に補強を行いました。まだあきらめていないようです。横浜FCから御給匠選手を期限付きで獲得しました。

 「ごきゅうしょう」という読みにくい選手は、セレッソ、ザスパ、横浜FCに所属歴があります、Jでの活躍はいまひとつですが、途中JFLに所属した2006~2007年の2年間で64試合に出場し、なんと51得点。2007年は34試合で31得点という驚異的な得点を稼いでいます。この調子で活躍してくれれば、残り10試合で10点も夢ではありません。必ず1点取れるならば、試合運びはかなり楽です。

 ゼルビアは得点力に課題があり、加えてけが人が続出するなどついていません。FW選手の補強は当然でしょう。ぜひ活躍してほしいですね。

2009年8月26日 (水)

政治のグレードアップ

 今度の選挙は何党が勝っても不安です。この際、政治家の先生も彼らを選ぶ有権者もしっかり勉強しなければなりません。目先の利益だけで動きたくないです。

2009年8月25日 (火)

女子プロ野球リーグ開幕か

 関西で女子プロ野球リーグ創設の話が進んでいるとのことです。実現すればいいと思いますが、スポーツとして本格的なものでないならば反対です。選手が人生をかけられるに値しないものならプロ化する必要はありません。
 私は女子の団体球技としてはハンドボールの方がプロスポーツ向きだと思います。これからの発展しだいでは世界も目指せますし、既存の体育館が興業に使えますので。中継しやすいルールも魅力です。

2009年8月24日 (月)

久しぶりにゲリラ雷雨

 東京と神奈川の各地で今日午後にゲリラ雷雨がありました。ものすごい雨音、雨量で一時は深刻な事態も考えました。結局峠は越えて安心です。季節の変わり目には雷雨はつきものですが、久しぶりにすさまじい雨を見て驚きました。

2009年8月22日 (土)

ゼルビアを国立で観たかった

 天皇杯の予選に当たる東京都サッカートーナメントで町田ゼルビアは今日明治大学と対戦して0-1で負けたようです。残念ながらJリーグチームとの対戦は今年はありません。国立競技場で町田を観たかったですが、夢に終わりました。

 JFLも後期に入って負けなしと喜んでいるうちに、引き分けが続き順位は上がりません。幸い今節は9試合中7試合が終了したところですべてがドローです。明日行われる残り2試合の結果によってもこのままか最悪でも11位にとどまることができます。またソニー仙台が勝つと4位との勝ち点差は一つ開いて5になりますが、仙台が負けるか引き分けならば4のままです。今後は連勝しなければなりません。天皇杯に出られなかった分、その悔しさをばねにして、また休養と作戦の修正などをして残り試合を全勝でお願いします。

 残る相手は、高崎、琉球、ジェフ、ロック、武蔵野、刈谷、ソニー、SAGAWA、TDK、北九州です。上位にいるチームとの対戦を多数残していますので、それらを倒せば順位は確実に上がります。

 ちなみに2006年の4位のYKK APの勝ち点は67、2007年の4位のアローズ北陸の勝ち点は59、2008年の4位のファジアーノ岡山の勝ち点は60点でした。現在の町田の勝ち点は35です。昨年の60点を基準に考えるとあと25点。10戦全勝で65点。9勝で62点。8勝1引き分けで60点になります。こう考えるとかなり厳しいですが、最後まで夢を見させてほしい。勝ち続ければ懸念の動員数も自然に解消できるはず。ホーム最終戦の11月22日には4位以上を決めていてほしい。こういうのを取らぬ狸のなんとやらというのでしょうね。

まるでもう野党のような自民党

 今日ポストに自民党のパンフレットが入っていました。「知ってドッキリ民主党これが本性だ!!」と題するものです。中を見てみると民主党の支持団体の一つ日教組が問題であることを述べた内容です。

 日教組は自分たちの思想を子供たちに強制し、「人格形成の一環で洗脳していく」のだというのです。日教組批判は自民党の基本姿勢ですからそれはそれで認めるとしても、日教組がさほどの力を持っているとはどう考えても思えないのです。さらにこのパンフレットの中には自民党が何をするかということについての説明がまったくありません。

 私はいまのところ投票先を決めていませんが、自民党がまるで弱小野党のようなパンフレットを配布する事態になっていることに大きな危惧を感じます。まるでもう負けることを認めてしまっているような自信のなさが読み取れるのです。

 この際、野党を超えるような政策を考えてほしいのです。批判も大切ですが、自分の意見をもっと堂々と述べてほしい。それがたとえ今回の選挙で敗北したとしても、次につながると私は思うのです。

2009年8月21日 (金)

給付金・手当にごまかされるな

 衆院選の公示後、町ではあちこちで街頭演説が聴かれるようになりました。日本の選挙は政党ではなく候補者で選ぶ傾向があり、それが保守性を支えてきたと思うのですが、今回に限っては様子が違います。政権交代(もしくは確保)をキャッチフレーズにして各党がマニフェストを掲げており、それが争点になっているからです。

 今回の各党のマニフェストによく出てくるのが給付金や手当などです。これらの財源をどうするのかが問題視されています。また仮に財源があったとしても、一律に金を与えることが問題解決につながるのかについての議論が抜けています。

 漢文の授業によく出てくる「朝三暮四」は猿に同じえさをやるのに、始めにたくさん与えると喜ぶが少なくするというと怒るという話ですが、なにかそれと同じような私たちを愚弄した政策のような気がするのです。また金をばらまいておいて後で苦しむということにならないか。ばら撒かれた金が目的どおりに使われるのかなど疑問点だらけです。現政権の定額給付金も効果はあったのでしょうか。

 今日の読売新聞では民主党の圧勝が予想されていますが、もう少しよく考えてから投票所に行く必要があるでしょう。

2009年8月20日 (木)

政党との相性診断

 毎日新聞社のサイト毎日ボートマッチ「えらぼーと」ではなんと衆院選に出馬する政党との相性診断を行っています。いくつかの政策に対する質問を択一式で選び、さらにそれらにどの程度比重を置いて考えるのかを選択すると、自分の考えと政党のマニフェストとの一致の度合いを百分率の形で表示します。これはあくまで目安になるべきものであり、それ以上の意味はないと思うのですが、私の場合はどうしても自民党への数字が低く出てしまうのです。いちばん数値が多い政党を支持しているかと言われればそうではなく、意外な結果になりました。

 いくつかの質問に答えていくうちに理想の異性のタイプを診断する雑誌のチャートのようでおもしろいですが、どこか妙な感じがするのも事実です、

法師蝉

 遅れてきた本格的な夏の暑さも最近は朝晩涼しさを感じるようになりました。
 昨日、ツクツクボウシが鳴いているのに気づきました。俳人が法師蝉と呼ぶこの虫が鳴くと夏の衰えを感じます。

2009年8月19日 (水)

花屋の閉店

花屋の閉店
 駅前の花屋が今週いっぱいで閉店するようです。何度か買ったことがあるのですが残念です。

2009年8月18日 (火)

ネット上に保存は安全か

 最近、プライバシー情報を含まないもので、かつなくなっても後悔しない文書に関してはネット上に保存しています。グーグル・ドキュメントやマイクロソフトのオフィス・ライブなどです。大げさに言うとこういう方法をクラウド・コンピューティングというそうで、今後文書保存のみならず、さまざまな場面でネット上のサービスが提供されるといわれています。野村総合研究所が200812月に発表したNRI未来年表によると2013年にはクラウド・コンピューティングは普及期に入るそうです。

 ネットに接続できる環境は年々広がっています。この前みたアマルフィという映画では、主人公がネット接続できない地域に行かされることがストーリー展開に大きな意味をもっていました。まさにどこでも接続は世界的に広まりつつあるからこその発想でしょう。

 さまざまなセキュリティ対策が講じられたとしても、ネット保存やシステム依存にはまだいろいろな意味での危険があります。問題の多いUSBスティックへの保存も当分は続けていくつもりでいます。

2009年8月17日 (月)

クマゼミはいませんか

 ウェザーニュースが今日クマゼミの棲息調査をするそうです。携帯電話の位置情報機能を活用したこの会社が得意とする方法です。
 私の住む町にはクマゼミの声は聞こえません。今年になって一度も聞いていません。棲息域を広げていると言われるクマゼミですが実態はどうなのでしょうか。

2009年8月16日 (日)

グランベリーモールから

グランベリーモールから
 8月も後半になりました。グランベリーモールからみる空にもどことなく秋の気配です。

2009年8月14日 (金)

南町田祭

南町田祭
 今晩と明日、南町田駅前の鶴間公園でお祭りがあります。太鼓の音が響き始めました。

2009年8月12日 (水)

横浜市は3つの選挙

横浜市は3つの選挙
 横浜市は3つの同時選挙になります。衆議院選挙と市議補欠選挙に加えて急遽市長選挙まであるのです。ポスター掲示板が並んでいますが、野球のスコアボードより大きいものでした。

2009年8月11日 (火)

地震とバテと

 早朝の地震には驚きました。地震発生時の映像として放送局のシーンはつきものですが、静岡のある民放のデスクで揺れ始めた後すぐにカメラを用意しようとする女性局員の様子が映されたのにはちょっとした感動を覚えました。
 地震と台風通過の影響ではないでしょうが、私は夏バテでダウン。妻に迷惑をかけてしまいました。十分に休養したいと思います。

2009年8月 9日 (日)

ゼルビア10位のまま

 町田ゼルビアはアウェイで同級生のV・ファーレン長崎と対戦し、スコアレス・ドローであったとのこと。30度を越える気温の中での消耗戦だったようです。好調の長崎と敵地で引き分けたということなので、意味がある試合だったといっていいでしょう。順位は10位のまま、4位の横河武蔵野FCとの勝ち点の差は4。とにかく負けないことが大切です。これからは一勝の重みが大きくなってきました。

 次節は8月16日、三菱水島FCとホームで対戦。相手は現在最下位のチームですが、油断は禁物。そして、勝つならば点差をつけて勝ちたい。ゼルビアは現在、得失点差が+1です。これを積み重ねておくことが終盤役に立つかもしれません。

 来週の日曜日は野津田に行きたいと思います。

2009年8月 6日 (木)

雲間の富士山

雲間の富士山
 精進湖はなんとか曇を保っています。雲の間から富士山が姿を現しました。

なでしこ

なでしこ
 やまとなでしこは平地でも咲く花ですが、避暑地で見ると特別な感じがします。

2009年8月 5日 (水)

曇天の精進湖

曇天の精進湖
 精進湖に来ました。あいにくの曇り空です。せっかくの湖畔の避暑ですが、今年のような冷夏ではありがたみは半減しますね。夕刻になってようやく富士山が姿を見せました。灰色のグラデーションのようですが。

冷夏

 7月は記録的な降雨を観測したところが多かったとか。8月に入ってもこの季節らしい陽気になりません。報道によれば世界的に海水の温度が高く、異常気象の原因になっているとのことです。
 かなり以前ですが、冷夏のため米が不作になり、カリフォルニアやタイの米を食べた年がありました。このような事態に備えて、食糧の備蓄を考える必要があります。

2009年8月 4日 (火)

浴衣

 エルニーニョであろうと夏は夏、浴衣姿の人を見かけると夏を感じます。日本の夏の風土にあっているのでしょうから、着る機会を増やしてもいいのでは。

2009年8月 3日 (月)

日産「リーフ」で一気にEV加速か

 日産自動車がリーフという電気自動車を発表しました。価格は300万円台で、補助金等を使うと200万円台になるとか。プリウス並みの価格まで下げるというのが社の方針とかで、三菱やスバルを中心に始まったEV(電気自動車)商戦に日産も参入したことになります。電池部分をリース形式にして売るという見た目の安値感も演出したところがうまいところでしょうか。おそらく、世界的にEVのブームが起こることは間違いありません。

 充電設備などのインフラ整備が必要になりますが、これは逆に捉えれば雇用創出の機会になるかもしれません。くわしいことはよく分かりませんがガソリンスタンドよりも設備投資は少なくていいのではないでしょうか。電気代だけでは収入が少ないと考える人も多いでしょう。しかし、急速充電でも30分はかかるといわれる充電時間を逆にビジネスチャンスに生かすこともできるでしょう。充電装置つきのレストラン、映画館、パチンコなどの遊興施設などが現れるはずです。

 EVは低騒音のため、かえって車の接近に気づかず事故を起こしやすいという批判もあるようですが、これを補うための技術も生まれるでしょう。衝突の危険性を運転者側に事前に知らせるレーダー装置や自動制御などはもちろんですが、適度な音量の音声や音楽などを流すという習慣も始まるのではないかとも思います。いろいろな可能性を感じさせる乗り物です。

ゼルビアスタジアムを作るなら

 町田市立陸上競技場の改修に関して、市では現在5,000人収容といわれる芝生席に、鉄骨などで椅子席9000席のスタンドを造りJリーグ規格に対応させる考えのようです。つまり仮設方式です。既設のメインスタンドは公称1,200席なので、さしあたり条件をクリアするというわけです。この方式はJリーグでもすでに行われています。私は行ったことはありませんが、柏レイソルの本拠地の日立柏サッカー場は観客席の多くが鉄骨の上に作られており、座席数は約12,000人だそうです。急場しのぎの仮設スタンドでも何とかなることはなりそうです。しかし、将来的には常設のスタンドが必要になるでしょう。

 少ない経費でスタンドを造るにしてもサッカーむきでなくては意味がありません。先ほどあげたレイソルは実は立派な柏の葉公園総合競技場を持ちながらそれを準本拠地扱いにしています。それは交通の便の悪さもさることながら、サッカー観戦をするには観客席の傾斜が不足しており試合が見にくいという観衆の意見をとりいれたものです。

 町田市立陸上競技場の芝生席は幅がそれほどありませんので拡張することになるでしょうが、客席を造るならば観戦者の視点を十分配慮する必要があります。入場料収入を得るためには見やすさは大きなポイントとなるべき問題でしょう。つまり、傾斜がありグランドに近い席が必要です。当然屋根もほしいです。

 夜間照明について考えてみます。今後、J2は22チームまで拡張し、あとはJFLとの入れ替え戦になるようなので、22チーム制として考えるとホーム&アウェイ形式で1チームあたり1シーズン42試合となり、ホームゲームは21試合です。このうち半分くらいをナイトゲームにするとして年間10試合くらいの点灯試合になることになります。1万人程度の観客が夜間に競技場に集まった時にどのような問題が起きるかについて考えなくてはならないことになります。

 私の考えではスタンドを高くして競技場を取り囲むようにつくり、音や光が極力外に漏れないように造ることがいろいろな意味でよいと思います。客席は20,000席程度を想定しておけばいいのではないでしょうか。これには莫大な建設費がかかります。市営競技場としてはゼルビアだけではなく、多くの利用者に利用してもらうことも考慮しなければならないでしょう。

 また、アクセスは鶴川駅からということを徹底した方がよいでしょう。町田駅からでは渋滞の影響を受けやすく、遠いという印象を持ちやすいですから。そして公共交通機関を使うことも徹底すべきです。さしあたってバスが中心になるでしょうが、地域住民への配慮という点からすれば試合のない日も含めて相応の便数を用意しその利便性を定着させることが必要だと思います。

2009年8月 1日 (土)

マニフェスト書き換え歓迎

 自民党もマニフェストを発表しました。今回は政権選択選挙などといわれていますが、有権者の立場からすれば、よりましな方を選ぶ選挙にほかなりません。多くの国民にとって、何党が勝利するかよりも、どんな政治をしてくれるのかの方に関心があります。だめなら変わってもらおう、そういうことがようやくできそうな気がしているというのが大方の意見でしょう。

 相手の出方をみて作戦を練り直すというのはディベートでも普通に行われていることであり、今回出されたマニフェストも書き換え歓迎です。むしろ公の場で党の方針が明らかにされるほうが望ましい。投票が始まる日の前までに決定稿を出してくれればいいと思っています。相手の欠点を指摘するだけではなく、それを上回る施策を提示してほしいと思います。それができれば選挙は面白くなり、投票率も上がるでしょう。

 かつて劇場といわれた政治ですが、出来レースではなく本当に建設的でやってみないと最後まで分からない選挙になることを期待しているのです。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック