おすすめの本

無料ブログはココログ

« 朗読の技 | トップページ | トルシエさんありがとう »

2009年9月 8日 (火)

野党が大切な時代

 自民党の歴史的大敗のあと、野党の役割が一段と大切になってきました。民主党は社民党や国民新党と連立を組むようですが、それでも圧倒的な第一党になった民主党が政界をリードすることには変わりありません。
 自民党は首班指名にさえ右往左往するていたらくですが、早く立て直してほしいと思います。国民が望んでいるのは「新・自民党」の長期政権ではありません。手をぬくと落選することもあるという緊張感をようやく政治家の先生方にもっていただいたことだけが収穫です。政党を選んだのではなく、変化を望んだだけなのです。少なくとも私はそうです。
 民主党が果たして理想通りの行政手腕をもっているのかというとはなはだ疑問であり、ミスリードも考えられます。そこで今度こそ本当の「抵抗勢力」となった自民党が常に与党を監視し、発言をしてほしいと思います。
 これまでしばしば自民党が繰り返してきた「対案を示せ」という決まり文句を今こそ実行していただきたい。野党になってまでまさか派閥争いはしないでしょう。すれば本当の弱小野党連合ということになります。私は今こそ自由民主党の存在価値が発揮されなくてはと思うのです。

« 朗読の技 | トップページ | トルシエさんありがとう »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14662/46158353

この記事へのトラックバック一覧です: 野党が大切な時代:

« 朗読の技 | トップページ | トルシエさんありがとう »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック