おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

今年最後の日の入り

今年最後の日の入り

 鶴間公園の木立の向こうに今年最後の太陽が沈んでいきます。

 よいことも残念なこともあった2009年もあとわずか。このブログにもたくさんの方がお越しいただきました。本当にありがとうございました。

 皆様にとって来年がよい一年になりますようにお祈り申し上げます。

強くなるためには愛されること

 いろいろなスポーツニュースを見ているうちに、素人の私にも分かることがあります。プロスポーツで強くなるためには、観客の動員数が何よりも大切だということです。

 私たちにはプロ野球のおかげで、プロスポーツは企業の力で動くものという既成概念ができています。ジャイアンツが強いのは読売新聞の力であり、ファイターズも日本ハムの力によってチームが成り立っている。そう考えてしまいます。大企業が後ろ盾となり、その言ってみれば宣伝媒体の一つとしてのスポーツチームがあるというのが、これまでの日本のプロスポーツでした。Jリーグはこの常識を覆そうとしていますが、実際強いチームには大企業がスポンサーとなっており、この構図は変わりません。

 しかし、昨今のように企業の力がなくなると、やはり最後に残るのは観客動員数です。強いチームが人気を得るのは当然ですが、弱いチームや駆け出しのチームにとってこの動員数を増やすことは大きな問題です。

 弱くても、有名でなくてもサポートしたくなるチームとはどのようなものでしょうか。答えはいろいろあると思います。まずは観客になっていただく方を大切にして、チームを愛してもらうことが必要でしょう。

 それでは人々はチームのどのような点に魅力を見出し、観客になるのでしょうか。これもいろいろありますが、まずは「自分のチーム」と思える要素があることでしょう。たとえば自分の住んでいる町の名前を冠していること。地元出身の選手がいること。などの地縁的な要素があります。
 また選手が自分たちに向って何かを語りかけてくれることも大切です。選手と観客との距離が近いことは「自分のチーム」と人々に感じさせる大切な要素です。グランドで声をかけあう。サインする。ブログで情報を発信する。マスコミに出演しサポーターのことを話題にする。とにかく選手とサポーターの距離が近いことを示さなくてはなりません。
 地域への貢献として、積極的に地域住民と関わっていく姿勢も大切です。マスコミにCMを出すような広域性はありませんが、確実にサポーターを増やす大切な試みです。
 またチームに自己を投影できるような「ドラマ」があること。一生懸命な姿、不可能を可能にしてくれるような姿に私たちは憧れ、もがき苦しみながらも上を目指す姿に自分の姿を重ねあわせることができれば、観客は離れません。

 FC町田ゼルビアの課題はまさに観客動員です。Jリーグ基準をクリアすればよいという問題ではありません。強くなるためには動員数をかぎりなく増やす努力が必要なのです。2011年J2に参入したチームがJに居続けるためには、資金力が欠かせません。そのためには人気チームにならねばなりません。

 このところチームは急に強くなりましたが、人気の方はそれについていっていません。もっとこのチームのよさを知らしめるための努力をしなければなりません。広報力、営業力が実はチームにとってはとても大切な要素なのです。

2009年12月29日 (火)

瀬谷本郷公園

瀬谷本郷公園
 境川べりにある瀬谷本郷公園は私のジョギングコースの折り返し点の一つです。ここにはテニスコートや野球場と子どもの遊具のある公園があります。休憩室もあるので缶ジュースを飲んで帰り道のエネルギーにします。ただし、今日は年末のため休業していました。

2009年12月28日 (月)

大きなイルミネーション

大きなイルミネーション
 都筑阪急の夜景です。冬至は過ぎましたが、夜の長い今の季節はこうした風景が映えます。

2009年12月27日 (日)

門松

 近くの商店街に門松が飾られていました。つい先日までクリスマスツリーが立っていた場所です。慌ただしく変わる町の姿に歳の暮れを感じます。

2009年12月24日 (木)

選手の立場で

 中山雅史選手の移籍先がコンサドーレ札幌になったという報道がありました。気になったのが、福利厚生施設の充実が決め手になったということです。選手にとって恵まれた環境があることが、チーム作りの大きな要素であることを痛感しました。
 中山選手は一部の報道では熊本とともに町田を最後まで検討したということです。設備、待遇面ではJ2チームに及ばないと考えられるゼルビアを選択肢の一つにあげた理由はなんだったのか、ぜひお聞きしたいと思います。
 話を戻します。スポーツの町を目指す町田にとって、医療機関の充実は不可欠です。この点の検討も市民として求めたいと思います。

2009年12月23日 (水)

クリスタル・ベンツ

クリスタル・ベンツ
 スワロフスキーのクリスタルで装飾されたベンツが渋谷のマルイで展示されています。ここまで派手にすると、嫌味をとおりこして根性を感じます。まあ、私には無縁なものですが。

2009年12月21日 (月)

月と木星

月と木星
 帰り道、西の空に月と木星が近くに並んでいました。携帯電話のカメラではよく写りません。

2009年12月20日 (日)

チームか選手か

 多くのプロスポーツがオフになっている現在、選手の進退や移籍の話が話題になっています。今年も野球もサッカーもかなりのリストラが行われており、選手の皆さんも大変だと思います。実力だけが頼りの世界です。恐ろしく年俸が高い選手がいる一方で、きわめて低いギャラでプレーする選手もいるのですからスポーツの世界は厳しい。

 さて、かつて私はどちらかというとあるチームのファンというよりは選手のファンになりやすい傾向にありました。いまもその考え方は続いています。野球では、日米韓で活躍した高津選手や、いまなお現役で活躍している西武に復帰した工藤選手に関心があり、彼らの活躍に注目しています。

 その後、Jリーグが発足して以来、地域性という考え方が生まれました。自分の住まいに一番近いチームを応援したいという思いです。その意味でサッカーではマリノスに親近感を持っていました。ところがそこにFC町田ゼルビアの存在が浮上し、いまはそのサポーターを自認しています。ゼルビアの存在を知ったのはたまたま買って読んだ山本真司『40歳からの仕事術』にこの著者がゼルビアのスポンサーであることを紹介していることからでした。

 さて、たとえばゼルビアにしても、これまで急速な成長を続ける中で、選手は次々に入れ替わっていきました。レベルアップにしたがってそれにふさわしい選手が入るのはプロの世界では当たり前のことでしょうが、その一方で一抹の寂しさというか言葉にできない何かを感じるのです。

 プロスポーツの楽しみ方はいろいろあっていいと思いますが、最近の主流はオーナーの気分で、つまり上からの目線でチームを捉えるという見方のようです。チームを強くするためには選手の交代は止むを得ない。むしろ役に立たない選手は放出すべきだなどと平気で言いのける輩です。たしかそんなゲームもありました。確かに正論なのですが、先ほどのべたような寂寞感があります。

 それでは弱くてもいいから今いる選手でいいのかと問われたなら、やはりそれでは困る。やはり、チームは強くなってほしい。ぶざまな試合は見たくない、などと勝手なことをおもうのです。

 チームか選手か、大切にしたいのは何か。この季節は自己矛盾に苦しむ時でもあります。

2009年12月18日 (金)

急行「能登」廃止を惜しむ

 3月のダイヤ改正で東京と北陸地方を結ぶ特急「北陸」と急行「能登」の定期運行が廃止されるそうです。残念です。
 「能登」には何度かお世話になりました。深夜揺られながら自由席でカンビールを飲んで明かしたことがあります。雪の季節などは窓にあたる雪の音が心ぼそくも切なくも感じられたものでした。でも貧乏学生にとってはありがたい夢のラインでした。
 深夜バスにその座を明け渡したようですが、鉄道ならではの安心感は捨てがたいものがあります。残念です。

2009年12月16日 (水)

メトロと毛玉

 地下鉄の路線図をみていたら、いろんな色の糸が絡まった毛玉に見えてきました。疲れているからかもしれません。

2009年12月15日 (火)

カレンダーの引越し

 スケジュール管理にパソコンソフトのアウトルックを使っていますが、自宅やモバイルでも使いたいと考え、ウェブでつかうGoogleカレンダーに切り換えることにしました。
 まずアウトルックのデータをCSVの形式でファイルにエクスポートします。Googleカレンダーを開き、これをインポートすると基本的なデータの移行は完了です。意外に簡単でした。私が使っているのはウィンドウズXP上のアウトルック2003ですので、今のバージョンならもっと簡単なのかもしれません。
 さてGoogleカレンダーをモバイルでも使えるように設定すると、確かに携帯電話の画面でもスケジュールが見られるようになりました。ちょっと不思議なのはモバイル版だと場所の項目に地図のリンクができます。設定しないままリンクをクリックすると、なんと宮城県の山村の地図が出ました。別のリンクでは中国の知らない町の真ん中の地図です。さすがはGoogleアースのサイトだけあります。しかしどんな仕組みになっているのでしょうか。

2009年12月14日 (月)

光るバス停

 通勤途中のバス停のマークが変わりました。夜になると光るのです。てっぺんに太陽電池パネルがつけられており、日中に蓄電しているようです。100%自給自足なのかわかりませんが、いいアイデアです。
 照明は時刻表の裏側に内蔵されており、文字が浮かび上がるようになっています。そもそもそれほど明るくする必要はないので、太陽電池の電力で十分です。 こういうアイデアがこれから増えていくのでしょう。

2009年12月13日 (日)

プロの歴女

 今年の流行語の一つに「歴女」があります。歴史好きの女性のことですが、歴史上の人物をまるでタレントのような感覚で語る若い人のことをさすようです。 歴女に該当する女性たちが今年急に現れたという訳ではありません。歴史を勉強としてではなく、趣味として楽しんでいた人たちにようやく名前が着き、その存在が認識されるようになったということなのでしょう。
 ところで、私の職場にも「歴女」がいます。社会の教員です。時々、生徒に話しているのを側聞すると、かなり楽しい話なのです。真田幸村はかっこいいとか、源義経は攻撃力は95だが政治力は30とか、ちょっとそれでいいのかという説明を混ぜているのです。もちろん生徒の方もそれが何のもじりであるのかは知っているのです。まさにプロの歴女です。

2009年12月11日 (金)

喉の風邪

 月曜から風邪をひいたようで、喉をいため声が出ません。熱はないのでインフルエンザではないと思います。このところ年に数回声を失う時があります。気をつけなくては。

2009年12月10日 (木)

神奈川県立 生命の星・地球博物館

 箱根の帰りに立ち寄った博物館です。神奈川県立だけあって結構大きな博物館でした。地球規模の自然史を概観できる展示があります。鉱物展示と動物の剥製の展示が大半を占めますが、どれもが観覧者に近くガラスなどが少ないので観やすさを感じました。
 神奈川県地域の固有種や絶滅危惧種の展示もあり興味深く観ました。
 車で行くなら箱根口インターチェンジを出てすぐ。箱根登山鉄道の入生田駅の近くです。高校生以下と65歳以上は無料なので子どもの学習にもいいですね。

2009年12月 9日 (水)

FC町田ゼルビア監督に相馬直樹氏が就任

 FC町田ゼルビアは来季の監督として相馬直樹氏を任命しました。相馬氏は鹿島アントラーズのDFとして活躍し、ワールドカップフランス大会の代表でもありました。JFLでワールドカップ出場経験者が監督に就任するのは初めてのことということで、話題性があるようです。38歳で監督は初めてというのが少々気になりますが、魅力ある采配を期待したいと思います。

 ゼルビアの課題は来季の3位以内(4位でもいいのですが、J2の空席はすでに3つのみ)。そして、・・・集客です。そのためには話題性のある監督、選手がいること、試合がおもしろいこと、ファンサービスがあること、スタジアムの雰囲気のよさ・・・などでしょう。

 スタジアムが遠いという人がいますが、バスがあればたいしたことがありません。そのバスを楽しいものにすればそれも楽しみになります。応援歌を流す、チームの模様に装飾するなどあまり金をかけずに改良できます。

 応援のスタイルですが、ぜひ町田流を模索してほしいと思います。来季は観客が増えてスタジアムの雰囲気が変わるはず。それを見越した応援スタイルを確立しておくべきでしょう。懐の深い、それでいて楽しい応援風景を見たいと思います。町田の観衆はサッカーを知っている人が多いという話を聞いたことがありますが、これからは初めて試合を見る人でも楽しめる工夫をしていく必要があるでしょう。

2009年12月 8日 (火)

長い一日

 このところ一日がとても長く感じます。やるべきことが山積しているのにいっこうに進まない。終わったはずのものが再び襲いかかって来る、そんな感じの毎日です。能率よくやりたいとは思うのですが、心の余裕がありません。

2009年12月 7日 (月)

ポーラ美術館

 箱根の仙石原から少し登ったところにあるポーラ美術館は西洋絵画の優れたコレクションがあります。有名なのがルノアールやモネなどの印象派の絵画です。箱根の風土にもよくあっているように思います。
 現在は庭園と室内画の企画展示が行われています。繊細なタッチの絵が多いのはコレクターの趣味でしょう。もちろんピカソやミロもあるあたり、そつがありません。
 看板とも言えるルノアールの少女や鏑木清隆の作品も見逃せません。
 入館料が高いですがいろいろな割引があります。今回、リピーターのための割引があることを知りました。名作を間近に観られるのが何より嬉しい美術館でした。

2009年12月 6日 (日)

箱根ガラスの森

 箱根の土産話。まずは箱根ガラスの森です。実は2回目です。

 仙石原にある箱根ガラスの森はベネチアングラスのコレクションがある博物館です。さまざまな骨董ガラス製品を見ることができます。とりわけレース模様の入ったガラスの美しさとそれを作り上げる技術には感嘆します。

 庭園もすばらしく、ガラスで装飾された樹木もあり本当にガラスの森なのです。池を泳ぐ鴨たちも元気に泳ぎまわっていました。

 園内のレストランではカンツォーネの生演奏もありなかなかいい気分です。箱根の美術館の中ではいろいろ楽しめてお得なところではないかと思います。

2009年12月 5日 (土)

初冬の箱根

 親族の慶事のため箱根に行く機会がありました。12月になったというのに箱根の中腹にはまだもみじが見られます。ホテルの従業員の話では温暖化の影響とか。かつては雪が降る季節だったのに、いまは季節が進むのが遅れるとのことでした。

 箱根は東京から近いのが魅力です。そういえばまだ神奈川県のうち。正月の駅伝でも往復できるほどの距離なのですから、気軽に行ける観光地です。

2009年12月 3日 (木)

煙草税はもっと上げるべきでは

 煙草に対する課税は一本あたり数円の値上げにとどめるようです。思い切って上げてもよかったのではないでしょうか。課税に反対者が比較的少ない珍しい商品ですから。

2009年12月 2日 (水)

手帳

 来年の手帳がほしくなる季節です。このところ、もらいものの手帳で済ませているので、企業名が入った手帳でなおかつ毎年違うものを使っています。不景気なので今年は手に入らないのではと心配しています。

2009年12月 1日 (火)

危険な傾斜

危険な傾斜
 私の使う駅のホームに写真のような注意書きがつけられました。確かにホームは線路側に向かって緩やかに傾斜しています。車椅子やベビーカーなどにとっては危険な傾斜です。
 おそらく水はけをよくするために意図的につけられたもののはず。いろいろなことを考える必要があります。

師走始まる

 今日から12月。いよいよ今年も1か月になった訳です。しかし、この時期は忙しく職場の机にはやるべき仕事の書類が順番待ちしています。長い1か月になりそう。なんとか切り抜けたいです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック