おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

桜満開間近

桜満開間近
 今日で3月も終わります。このところ、真冬のような寒い日が続いていましたが、やはり春は確かに育っています。路地裏の住宅の桜が満開間近になっていました。
 明日から新年度です。気分一新、新たな挑戦もしたいと思います。

2010年3月30日 (火)

寒さのおかげ?

 このところ非常に寒い日が続いています。そのせいなのか今年は花粉症がとても軽い。マスクせずに外出しても大丈夫です。年をとると免疫力が下がるからアレルギー反応が出ないんだと冷やかす同僚もいますが、いずれにしても助かっています。

2010年3月24日 (水)

電車が止まったら

 このところいろいろな事情で電車が止まることがあるようです。昨日は、山手線や東急東横線が止まり、多くの人々が影響を受けました。
 万が一のために、迂回経路の確認は必要です。バス路線まで考慮すればなおよい。そしてトイレを済ませてから乗り物に乗る。
 都会のサラリーマンの鉄則ですね。

2010年3月23日 (火)

大井町線長津田まで

 3月25日に改正される東急大井町線の時刻表によると平日夜間に大井町の下りが田園都市線に乗り入れ長津田まで走るようです。現在終点である溝の口駅の時刻でいえば、20時38分、21時24分、22時48分、23時28分のいずれも急行電車です。その他、鷺沼までの普通電車は今まで通りあります。
 大井町線の事情で6輛編成なので、ラッシュアワーには走れないのでしょう。人の流れの変化をもたらそうとする意図を感じますが、どれだけ効果があるのか疑問に思います。

2010年3月17日 (水)

肌寒さ

 昨日とはうって変わって肌寒い朝です。再び冬用コートに逆戻りしました。とはいえ随所に春の気配、まもなく新年度です。

2010年3月16日 (火)

コートなしでも

 今日は気温が上がり、コートなしでも差し支えないと思われる陽気になりました。私も昨日から一番薄いコートにしました。
 あと半月もすれば桜の季節です。

2010年3月15日 (月)

政界再編?

 日本の政界にいま必要なのは政権運営能力がある野党の存在です。民主党政権は、大きな政府としてのあり方を提示してくれました。事業仕分けなどでは大胆な介入をして、政治家主導の方針を示しています。ただし、その方法が必ずしも適切なものではないのに加えて、相次ぐ政治献金疑惑が説得力を著しく下げてしまいました。
 自民党は野党としての機能を果たせず、党内の党首批判が、外部で行われたり、新党結成などの動きがあります。なぜ新党でなければ変わることができないのか。結局、派閥争いに過ぎないのではないかと疑問が残ります。
 政権担当能力のある野党の誕生ならば歓迎しますが、政治家の派閥政党ならもう要りません。
 国民に手詰まり感を与えないでください。

2010年3月11日 (木)

霜柱

 今朝は地面に霜柱ができていました。最近見ることがなかった気がするのは、地面が露出している場合を通ることが少ないせいでしょう。気がつけばアスファルトの上ばかりを歩いています。

2010年3月10日 (水)

入ることが目的ではない

 東京大学の前期試験の合格発表がありました。私の勤務校でも何人か合格したとかで職員室でも歓声が上がりました。このブログをお読みの今年合格した皆さん、おめでとうございます。
 でも私は敢えて言いたい。大学は入ることが目的ではないのです。そこで何を学ぶのか、何を得るのかが大事なのです。日本の大学には名ばかり学生がたくさんいます。それで通用する時代はとっくに終わっています。
 合格は始まりゴールではありません。皆さんの輝かしい未来のために、しっかり学んでください。

2010年3月 9日 (火)

春の雪

 北風と太陽という寓話があります。最近の陽気はまさにそのような感じがします。
 今日は昼過ぎごろから雨が雪に変わりました。はかない春の雪ですが、さすがに風は冷たく、震えは止まりません。
 桜の咲く季節になるまでは、冬と春の争いがまだ続きそうです。

2010年3月 8日 (月)

独り言の文化

 土佐日記の有名な冒頭部分は女性が男の習慣である日記を書くという宣言から始まっています。この作品が女の文字であったかなで書かれていること、実作者が紀貫之という男であることなど、いろいろな屈折があります。
 さて、先に宣言と書きましたが、これは作品の世界の中では独り言の形をとっています。作者はもちろん、誰かに読まれることを前提にしているのでしょうが、少なくともその表現は独り言の形です。
 日記というスタイルは基本的に独り言で成立していると言えます。読者はおそらく自分自身なのです。
 現代のブログも基本的には独り言であって、多くの場合、具体的な読者を想定していません。最近は「つぶやき」とも表現される刹那の思いはますます独り言に近いものです。
 ネットに乗せた壮大な独り言こそ、現代文化の象徴と言えそうです。

2010年3月 2日 (火)

激しい気温差

 春を目前にして気温の差が激しい日々が続いています。今朝はとても寒く感じます。こういう時は体調を崩しやすいそうです。注意が必要です。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック