おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月28日 (月)

先駆的な確信

 中学生に内田樹氏の『日本辺境論』の一部をとりあげて話しました。そのなかに日本人が他の国民に比べてもつすぐれた能力として、「先駆的に学習する意味を知る力」があるという話がありました。何かを学ぶとき、私たちは学習の意義や効果的な学習法を考えてから学ぶというイメージがありますが、実はそうではないのだそうです。学ぶ価値や実用性などを検討することなく、直感的に学ぶ必要性を考えて、すぐに学びの行為に移行することが出来ること。それこそが日本人が他国民とくらべて発達した能力だというのです。
 確かに学習は自分にとって必要だという理屈抜きの感覚が得られた時に熱中できます。逆に、これをやればいいことがある。例えば受験に有利だとか、金儲けできるとかいう話は意外にも学習動機にはなりにくい。たとえ始めても長続きしない気がします。
 筆者は日本人が学習内容の検討を飛ばして学習行動に移せるのは、日本にはその余裕がなかったから、つまり、日本が辺境だったからだといいます。辺境性については大いに論じることが必要ですが、この「先駆的に学習の重要性を知る力」の論については私は概ね賛成します。
 ようするに学習することに対する切実な思いが現代の日本人は欠けつつあるというのでしょう。

2011年2月23日 (水)

「じゃないですか」の甘い罠

 「~じゃないですか」という言い方はすっかり定着している。文法的には何の問題もないのだが、その使い方に関してはかなり特徴がある。話者は予め確信している意見があるが、それをそのまま言わず相手に一度確認させるという段階を踏むのである。
 「あさって会議があるじゃないですか。それって準備が大切じゃないですか。あなたと私が担当じゃないですか。そろそろ資料を作っておかないといけないじゃないですか」
 ここまでのことはないが、要するに自分の意見を朧化する気持ちが根底にはあるような気がする。しかし、これも繰り返されているうちにさまざまな用法が生まれている気がする。
 一つには、自分の意見に対する自信のなさを表現する方法であるということだ。相手に伝える準備ができていない、いわば草稿段階の意見を相手にぶつける際に「じゃないですか」はとても便利だ。断定していないわけであるので、かりに相手から間違いを指摘されてもうけながす余裕がある。最初から逃げを含んだ意見表明といえるのだ。ある意味これはツイートのような独りよがりの表現である。
 また別の見方をすれば、これは一種の先制攻撃的な論法ともいえるだろう。「じゃないですか」は本来、相手が同意することを前提に話されており、反論を想定していないことのほうが多い。このくらいは理解していますよね、このくらいのことは察してくれますよねといった最初から相手の反応をある程度決めてかかった表現なのである。
 この表現の不思議なのはあまり抵抗感がなく自分の表現法に入り込んできて、いつの間に使ってしまうということであろう。
 「私って、きれい好きじゃないですか」
 とほとんど初対面の相手から言われると非常な違和感を覚えるが、
 「日本人って几帳面じゃないですか」
 になると、なぜかすんなりと入ってしまう。自分の意見を自信なげに、しかも反論をたくみに避けて話す表現だ。私は時々自分でもそれをつかってしまった後で、そこはかとない違和感を感じるのである。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック