おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月17日 (日)

漢字が読める楽しさ

帰国子女の中には、漢字が十分に読めずに苦労している者がいます。そういう生徒にとっては日本語は話せるけれども読めない不思議な存在らしく、一種のバリアになっているようです。
それでも学習を続けているうちに急に分かってくることがあるらしく、その様子はまさに氷解という言葉が相応しいものです。満面の笑みとともに分かったというのです。
帰国子女の日本語支援の現場には国語教育の基礎があるようです。普段はカリキュラムをこなすことで精一杯ですが、この休みにはこの問題について考え直してみたいと思います。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック