おすすめの本

無料ブログはココログ

2009年11月 8日 (日)

マグロのあらの煮付け-マグロごぼう

 スーパーでマグロのあらが売っていました。おそらく刺身をとったあとの部分で小骨が混じっているところもありました。赤身の部分は刺身としても使えそうなところもありましたが、きれいに取れないところからあらに回ったのでしょう。とても安いので(1パック280円)買って帰りました。

 調理するに当たって思い浮かべたのはぶり大根と鶏ごぼうです。その中間をとってマグロごぼうにすることにしました。マグロはぶりのように霜降りをして、しょうが、ごぼうを煮たてて醤油や酒、味醂などを適当に入れた汁のなかに入れました。これをしばらく煮ると出来上がりです。マグロは少し大きめに切ったのですが、それほど硬くならずに仕上がりました。これまたとても安かった水菜(100円)のうち2株くらいを刻んでたっぷりかけるとそれらしい料理に見えるから不思議です。

 簡単で安価な料理なので、マグロのあらが手に入ったらまたやってみたいと思っています。

2008年3月12日 (水)

マクドナルドのコーヒーはおいしいか

 味は人によって好みがあり、コーヒーのような嗜好品はなおさらです。マクドナルドのコーヒーは最近アメリカで好調らしく、売上高を伸ばしています。いつのことであったか忘れましたが、米国内での目隠し調査でもマクドナルドのコーヒーが、他のコーヒー専門店の商品よりも人気が高かったという結果が報じられていました。市場調査ではどうしても数値として表現されます。味を数値に直すことはできません。皆さんはどのように思われますか。

2008年2月27日 (水)

うぐいすぱん

 今回はとぼけた話をひとつ。
 私が好きな食べ物に「うぐいすぱん」があります。山崎製パン株式会社のうぐいすぱんは子供の頃からよく食べているのです。今日は昼食にこれを食べました。さすがに食事というよりお菓子という感じがします。いまそれを包装していたビニール袋を見ながらこれを書いています。原材料名の欄には「うぐいすあん・小麦粉・糖類・マーガリン・卵・脱脂粉乳・パン酵母・牛乳・食塩・植物油脂・チーズ・たんぱく質濃縮ホエイパウダー・還元水あめ・ソルビット・乳化剤・着色料(黄4・青1)・イーストフード・V.C・(原材料の一部に大豆を含む)」とあります。ずいぶんいろいろなものが入っているようです。このうちホエイというのは乳清のことです。ヨーグルトの上澄みが乳清で、かつては捨てられていたものですが、栄養価が高いので多くの食品に利用されています。ソルビットは甘味やひんやりした触感を生み出す食品添加物です。
 このパン1個で325Kcalもあります。ご飯1膳分で約235Kcalですから、約1.4杯分です。昔は2個食べても大丈夫だったのですが、最近は1つでももてあますこともあります。結局食べてしまうのですが。
 理由はよく分かりませんが、私はこの菓子パンがとても好きなのです。うぐいす豆は実はグリンピースと同じものらしいのです。つまり青エンドウの未熟な種子を食べるのがグリンピースであり、完熟後に収穫するのがうぐいす豆なのだそうです。でも、この「うぐいす」という名前が私にとっては大切なのです。そこにこのパンの味の幾分かの要素が含まれているのですから。
 今回はまとまりのない話でした。

2008年2月 7日 (木)

餃子は手作りで

 中国産冷凍餃子への毒物混合問題は一向に解決の糸口が見つからないようです。工場は清潔であり、衛生管理もできていると報じられています。いったい誰が毒を入れたのでしょうか。
 今日、時事通信社が配信したニュースによると、餃子の手作り器が売れ行きを伸ばしているようです。記事によると餃子の皮と具を折り込むのに使う道具であるとのことです。子供の頃、我が家では餃子を手作りしていました。皮はスーパーなどで売っていますので、ひき肉やにらなどを適当にまぜて具を作れば自分でできます。器械などなくても形成することは簡単です。あとはフライパンとそれにかぶせる蓋さえあれば焼くことができます。
 冷凍食品は調理の手間を省略できる便利な食品です。忙しい共働き家庭などでは大変役立つものです。しかし、調理する楽しさや、食品の安全性への関心を奪ってしまったことも事実です。
 この際、餃子は手作りしてみてはいかがでしょう。自分が作ったものなら少々不恰好でも許せるはずです。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック